スマホSEO、Google検索エンジンアップデート

By b_kimura,

  Filed under: Webマーケティング日記
  Comments: None

「スマホでの閲覧に対応していないと、ペナルティになっちゃうかも〜」というGoogleの発表がありました。

詳細はこちら
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2013/06/changes-in-rankings-of-smartphone.html

この記事じゃ、「よくわかんねえ!」という方もいると思いますので、
どんなサイトが駄目で、どういう対策をとるべきか。簡単にまとめてみましたので、ご覧くださいどうぞ。

① 謝ったリダイレクト。スマホでアクセスすると下層ページに直接いけず、トップに飛んじゃう。

(例) 
http://webcreate.united-youth.jp/page1.html にアクセスした際、
・PCで開いたとき → http://webcreate.united-youth.jp/page1.html
・スマホで開いたとき → http://webcreate.united-youth.jp/mobile/

つまり、スマホでpage1.html等の下層ページを開いたら、
各ページには直接いけず、強制的にトップページを開いちゃっている状態です。

この仕様、GoogleとしてはNG!という話です。

上記の例の場合は、スマホでアクセスした際、
http://webcreate.united-youth.jp/mobile/page1.html
を表示されなければいけないのです。

なお、PCユーザーとスマホユーザーとで、見せるページを分けている場合の話なので、ページを分けてない場合は関係ないです。
しかし・・・、この仕様のサイト、多分結構多いです。
意外と自社のサイトがこの仕様かも・・・?

原因

リダイレクト(転送)の設定ミスです。

リダイレクトの時によく使われるのが、.htaccessという技術です。サイト移転時なんかにも使います。

Googleが勧告出す前から、
PCアクセス時 → http://webcreate.united-youth.jp/mobile/page1.html
スマホアクセス時 → http://webcreate.united-youth.jp/page1.html
という形で、「階層は変えるが、ページは変えないまま転送」というのは一般的でした。
(応募サイトやキャンペーンサイト等の例外はあります)

けれども、今回対象となるような、「スマホでアクセスすると全てTOPに飛ぶ」という仕様は、下記のような場合に発生していたと思われます。

・プログラムにあまり理解のないWebデザイナーが、なんちゃってプログラミング(コピペ作業等)で処理しちゃった
・クライアントの方の要望などで、そうなった。

ま、いずれにせよ、対策が必要という事です。

対策

Googleが最も推奨しているのは、レスポンシブルデザインです。
要は、「URLを全部一緒にしなよ」というやつです。これについては後述します。

ただ、各端末に合わせて、せっかくページを作っているのであれば、
わざわざそれを捨てる必要はありません。

リダイレクトの設定を変えればいいだけです。

もっと言うと、それぞれのページに、
「これはPC用のぺーじですよー」「これはスマホ用のページですよー」
というアノテーション(メタタグ)を入力しておけば、なお良しです。

具体的にどういうアノテーションが必要かはこちら。
https://developers.google.com/webmasters/smartphone-sites/details?hl=ja

もしも、現在のWebサイトに対策の必要性がある場合には、下記の作業をご自身で行うか、制作会社さんにお願いしましょう。

・リダイレクト設定の変更
・メタタグの挿入

検索エンジンにペナルティうける前に、対応しときましょうね!

② エラーが出ちゃってる。

(例)
http://webcreate.united-youth.jp/ にスマホでアクセスすると404ページ等のエラー表示が出る。

Googleは、エラーには厳しいのです。
それは、エラーページはユーザーをガッカリさせるからです。

原因と対策

多くがリダイレクトの設定ミスです。
コードを見直して修正するか、制作会社さんに「エラー出てます〜」とお伝えください。

③ 多くのスマホで再生出来ない動画コンテンツ等がある。例えばFlashとか。

多くのスマホではFlashが表示されません。
そのため、ユーザーに不親切!ということでペナルティーです。

対策

スライドショーはJavaScriptで実装する必要があります。
動画は、HTML5で実装します。

Flashでないと出来ない事や、Flashの方がやりやすい事、低コストな事、
色々ありますが、「ユーザーにとっては?」という目線で考えるようにすることが大事です。

ユーザー目線になること、実はそれが一番の対策です。
けど、あまりにも例外な思考回路を持つユーザーの目線に立ったらもちろん失敗です。一般人の目線でお願いします。

Googleが最も推奨する形式

レスポンシブルデザイン(URL統一)

・PCで開いたとき → http://webcreate.united-youth.jp/page1.html
・スマホで開いたとき → http://webcreate.united-youth.jp/mobile/page1.html

上記のように、端末ごとにページを分けるのではなく、PCで開いても、スマホで開いても、
http://webcreate.united-youth.jp/page1.html
が表示、という形です。

これは、端末によってページを分けるのではなく、「端末によって出力するコンテンツを分ける」という考え方です。
Web業界では、レスポンシブルデザインとか呼ばれてます。

CSS、PHP、JavaScritptといった技術の知識が少しあれば実装出来ます。Webデザイナーとか言われている人なら標準として持ってる知識です。
けど、よくわかってない人も結構いますので、注意してください。

Googleがレスポンシブルデザインを勧める理由は、こんな感じです。

・URLを一緒にした方がFB、Twitter等のソーシャルメディアでシェアしたとき、便利だよね。
 (※ ページが別だと、いいね数とかも別になる)
・スマホであることを判別し、リダイレクト(転送)する時間が無駄。多くの人は1秒でもはやくサイトが見たいよね。
・リダイレクト(転送)はエラー発生しやすいからやめとこ。
・検索エンジンも1ページまわるだけでいいので楽です。

SEO対策について

おそらく、この発表を機に、SEO会社はまたガンガン営業を仕掛けるでしょう。

けど、個人的にはもう、「いわゆるSEO会社」の時代は終わったと思っています。
(「いわゆるSEO会社」の人すみません)

SEOとは、簡単に言うと、「検索エンジンの順位を頑張ってあげましょう」という話です。

うちにもよく電話・メールきますが、内容がペラ過ぎます。
画期的な何かでもあるのかな〜なんて、話聞いちゃうと、目先の順位対策ばかりで、いつもガッカリします。

結局は、ユーザーにとってどうかが全てです。

SEO会社が提案する、「リンクはりましょう」とか、そんな小手先のテクニックは、その場しのぎに過ぎないです。
Googleの仕様変更で終了です。そうなれば、それまでに費やしたお金、全部無意味になります。

私たちは、貧乏性ということもあって、まだ、Yahoo、Google、両方の検索エンジンのSEO対策が必要だった時から、
金でリンクを買う事を決して行わず、コンテンツの作成に注力してきました。

数年前に委託で作成した、中小企業Webサイトも未だ現役バリバリです。
今も1位とってますし、やはり相応の受注を獲得してます。

Googleの検索エンジンが大規模アップデートを行った時も、影響ありませんでした。
むしろ、競合がペナルティくらい、結果、順位上がりました。

もちろん随時で微調整はしていますが、それ以上のことは行っていません。
(デザイン変更等は大胆に行ってもいいかなとは思ってるけど。)

目先のSEO、しんどくないですか??

今は間違いなくコンテンツの時代です。

もっと詳しくいうと、
・どんなユーザーが対象か
・どんなコンテンツが必要とされているか
・どんなコンテンツを見て欲しいか
等を整理し、
どのように表現するか、どのような技術を用いるか等、
のディレクションが必須です。

目先のSEOは疲れるので、本質的なSEOを行いましょう。
本質的なSEOとは、ユーザーのことを真剣に考えたWebサイトを構築することです!

スマホユーザーとPCユーザーは別物

コンテンツの時代はもう幕開けしています。

そして、次にくるトレンドは、おそらく、「スマホユーザーとPCユーザーは別物」というところ。

スマホユーザーとPCユーザーでは、最適なコンテンツが異なります。
だって、家やオフィスで見る場合と、電車の中や外出先で見る場合、見たいコンテンツは当然違います。

設計と実装

スマホユーザーとPCユーザーでは、最適なコンテンツが異なるということは、
それぞれのサイト設計、コンテンツ設計、コンバーション設計を行う必要があるということです。

同時に、Google推奨のレスポンシブルデザインで、両端末に最適なコンテンツを提供出来るよう、
どのように実装していくか、最良なものを作ろうと思えば、そこそこの技術力と経験が必要です。

ちょいとhtml触れますじゃ、多分無理でしょう。

そんなことを考えると、設計する人、作る人、どちらもそこそこ優秀でないとキツそうです。

さいごに一つだけ言わせて

今回、Google検索エンジンの仕様変更が発表されたブログの冒頭はこうでした。

スマートフォン ユーザーは、インターネット ユーザーの中でも成長が非常に早く、重要なユーザー層となってきています。そして Google ではスマートフォンから Google を利用するユーザーにデスクトップ環境と変わらない、リッチなウェブ体験を提供したいと考えています。
 ー中略ー
スマートフォン ユーザーへの更なる検索体験の向上と、スマートフォン環境での閲覧の支障を減らすため、Google では近日中に、誤った設定をおこなっているスマートフォン向けサイトに影響のある、いくつかのランキングの変更を予定しています。

http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2013/06/changes-in-rankings-of-smartphone.html

けどさ、スマホ及びタブレットで表示する、YouTube、超使いにくくない??
PC版を表示しても、自動再生とかしてくれないし。

そう思ってるのは、自分だけなのだろうか・・・