ツイート数を表示させる(Twitterのツイートボタン)

By b_kimura,

  Filed under: Webマーケティング日記
  Comments: None

tw2

Twitterの仕様変更によって表示されなくなったツイート数。別にいいかなと思ってたけど、とあるクライアント様より「ツイート数、表示させたいです」とご相談をいただきましたので、そのご要望にお応えすることになりました。下記は、ツイート数を表示させるための手順メモです。

※ とっても簡単です!

ツイート数の表示-1専用のサービスにアクセス

ツイート数を表示させる1

「widgetoon.js & count.jsoon」というサイトにアクセスします。サイト名だけみると難しそうですが、とっても簡単です。

ツイート数の表示-2Webサイトとメールアドレスを入力

ツイート数を表示させる2

規約を確認し、Webサイトとメールアドレスを入力します。無料です。「使用するサイトURL」には、ツイート数を表示させたいWebサイトのURL(例:http://webcreate.united-youth.jp)を入力し、「メールアドレス」には、受信・閲覧が可能なアドレスを入力します。ここで登録したアドレスに案内メールが届きます。

ツイート数を表示させる3

案内メールは数日かかることもあるとの表示が出ましたが、自分の場合は2〜3時間ほどで届きました。

ツイート数の表示-3Webサイトとメールアドレスを入力

ツイート数を表示させる4

「widgetoon.js/count.jsoon 利用登録」というタイトルのメールが届きます。リンク先を開きましょう。

ツイート数の表示-4Twitter連携

ツイート数を表示させる5

真ん中あたりの「連携する」ボタンを押し、自分のアカウントを紐付けします。完了後、下記のような画面になりました。

ツイート数を表示させる6

ツイート数の表示-5使い方を知る

ツイート数を表示させる7 width=

よくわからない場合は、すっ飛ばして「ツイート数の表示-6」に進んでもOKです。ただし、「登録時点ではまだクロールが未完了」ということだけは覚えておきましょう。過去のツイート数を取得するには、相応の時間が必要なようです。したがって、ツイートボタン設置後、ツイート数が「0」でも焦らないようにしましょう。

しっかりと理解しておきたい場合、または適度に理解しておきたい場合には、「APIの使い方」というページに、仕組みと使い方が書かれていますので、見ておくと良いかと思います。

ツイート数の表示-6ツイート数を表示させてみる

ツイート数を表示させる8

いよいよですね。ツイート数が表示できるツイートボタンを設置してみましょう。

サンプル

WordPressの場合

オプション

ツイート数を上に出したい場合には、「data-count」を「vertical」に。横に出したい場合には、「horizontal」にします。

data-url 共有されるURL
data-text ツイートに入る文章
data-count ツイート数
上に表示:vertical
横に表示:horizontal
表示なし:none
data-via ユーザー名
「@〇〇〇さんから」という表記がツイートに入ります。
data-related 関連アカウント
フォローボタンがツイート後に出るようになります。
data-size ツイートボタンのサイズ
ノーマル:指定なし
サイズ大:large
data-hashtags ツイートに入るハッシュタグ
data-lang 言語
日本語は「ja」です。省略すると英語になります。

ご参考までに

ツイート数を表示させる9

「widgetoon.js & count.jsoon」を用いたツイートボタンについては、下記に色々なサンプルがあります。

ツイート数の表示方法サンプル – https://jsoon.digitiminimi.com/widgetoon_sample.html

今後また仕様が変わると変更しなければいけないかもしれませんが、ひとまずはこんな感じで乗り切りましょう。