元国税局職員塩田圭介容疑者とfacebook「もしもfacebook利用者のあなたが容疑者になったら」

By b_kimura,

  Filed under: Webマーケティング日記
  Comments: None

こんな事件があったようです。

月収20万円で豪遊?情報漏洩容疑で逮捕の元国税マン

【衝撃事件の核心】スイス製の時計、リムジンを満喫、高級焼肉店での食事-。税務調査の対象者に内部資料を漏洩(ろうえい)したとして逮捕された税務署元事務官は、インターネット上で浪費三昧の私生活を自慢げにつづっていた。国税局の“お堅い”イメージからかけ離れたド派手な散財ぶりだが、実態は月収20万円ほどの若手公務員にすぎなかった。「浪費が半端ない」と自慢げに語るネット上での姿は、はたして虚構か真実か。

資料を持ち出し、ホステスに手渡し

 東京地検特捜部が6日に国家公務員法(守秘義務)違反容疑で逮捕したのは、東京国税局麻布税務署元事務官、塩田圭介容疑者(24)=大阪府寝屋川市。逮捕容疑は、同署が税務調査を行っていた対象者に対し、東京都内で所得税の税務調査資料を渡し、職務上の秘密を漏らしたとしている。

 関係者によると、調査資料を渡していた相手はホステスだったという。「飲食店で手渡していたが、塩田容疑者はこの女性の税務調査は直接担当していなかった。ただ、女性とは知り合いだった可能性がある」。捜査関係者は当時の状況をこう説明する。

 通常、税務調査は2人が1組になって行うが、担当者ではなかった塩田容疑者は調査とは別に機会を設け、署内から持ち出した内部資料を手渡していたとみられるという。

「一身上の都合」で退職

 関係者によると、塩田容疑者は大阪府内の工業高校を卒業後、簿記の専門学校に進学。平成21年4月、東京国税局に採用された。

 東京国税局によると、高校卒業後に採用された場合、税務大学校での研修などを経て事務官として約5年勤務した後に調査官の肩書になる。22年3月から塩田容疑者が勤務していた麻布税務署は、高額納税者や法人数が多く、大規模署とされる。個人の所得税の税務調査に関する事務を担当していた。

 事件は内部監察で発覚したが、塩田容疑者は昨年12月、「一身上の都合」として退職。その理由は明らかにはなっていないが、内部調査や特捜部の捜査を察知したのではないとされる。

 一方で、塩田容疑者は、ネット上で“別の姿”も見せていた。

「会計事務所就職」はウソ、写真も無断転載

 塩田容疑者は交流サイト「フェイスブック」上で逮捕前の昨年12月、突然、大阪市内の女性と婚約したことを公表する。女性との仲むつまじい写真を掲載しており、「女性の誕生日に合わせて入籍する」として結婚式への出席を呼びかけていた。

 一方で、退職後も東京-大阪間を行き来していたとみられ、東京・銀座の焼肉店での食事の様子を報告している。

 1月中旬、新たな就職先に決めたのは東京・銀座の会計事務所。フェイスブックに「悩みました。決断しました。大阪からまた東京飛びます。(中略)経営相談、事業相談、相続対策、コンサルティングさせて頂きます。今年一年飛躍致します」と意気込みを綴っていた。

 ただ、この書き込みは虚偽で、掲載していた写真は事務所のホームページからの無断転載だった。

 この会計事務所によると、昨年12月、個人資産の担当部門の採用に転職斡旋(あっせん)会社を通じて応募があった。ただ、公認会計士など業務に関する国家資格がなかったことから、書類審査で落とされ、面接選考に進むことはできなかった。

 「前職の税務署で個人資産を扱っていたので斡旋会社から推薦は来たが、採用は見送った」。事務所の担当者はこう話し、「事件後の問い合わせで知った。(書き込みが)何の目的かは分からないが、迷惑をかけられずに済んでほっとしている」と続けた。

 関係者によると、塩田容疑者は東京国税局を退職後は無職だったとみられる。

女優にフェイスブックで“アプローチ”

 フェイスブックで積極的に情報発信を続ける中、際立っていたのは“軽いノリ”だった。

 若手女優に「めちゃ可愛いくて、タイプです!大阪から出て来たばかりで、東京のこと全然知らないですが、仲良くしてください」とメッセージを送信したり、有名芸能人の写真を突然掲載し、「みなさん応援してあげてください」と呼びかけたり-。

 プレゼントと称して海外ブランド「エルメス」のバッグの写真を掲載し、スイスの高級時計「ウブロ」の写真とともに「最近浪費半端ない。お金は大事やな。がっつり稼ぐで~」などとも書き込んでいた。

 ただ、「塩田容疑者と同世代の職員は月給約20万円程度で、25万円を超えることはない」(東京国税局)といい、捜査関係者も「虚実入り交じっている」と判断。「特に本人が写っておらず、ブランド品だけの写真は本当かどうか定かではない」と懐疑的な見方だ。

 東京国税局では、職員による交流サイトへの書き込みは「守秘義務に違反しなければ問題ない」という姿勢だが、塩田容疑者の書き込みについては「(特捜部が)捜査中なのでコメントできない」としている。

 今回の事件の引き金は何だったのか。調査対象として知り合いの名前を見つけた塩田容疑者が女性に近付く目的で誘い出したのか。女性側からの要求に応じたのか、それとも他の理由があったのか。

 ある捜査関係者は塩田容疑者の書き込みを「現代の若者の心理は分からない。ただ、見えっ張りであることは確かだ」と評した。特捜部は漏洩の背景や動機、金銭の授受も視野に捜査を進めている。

Yahooニュース 産経新聞 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130217-00000548-san-soci

なになに~!こいつは珍事件だな!
というわけで、早速「塩田圭介」検索。

出てきちゃったよ!

元国税局職員 塩田圭介

https://www.facebook.com/keisuke.shiota1

いちお、嫁さんっぽい人にはモザイク処理しておこう!
しかし、ぜんぜん普通にアクセスできる状態なんだけど、そんな加工いるの??

法律に詳しい方、教えてください。。

あなたが容疑者になった場合、facebookのこんなところまで見られちゃう

今回の、塩田圭介容疑者(24)を見ながら、大衆にどこまで見られちゃうかチェック!

ffb2

あちゃーっ・・・。
これは恥ずかしいな。ハゲ介。
というか、相手が可哀そう。

コメントで、お友達が言ってます。
「けいちゃんもさぁ、もういい歳なんだからこういうのFBでさらすの、やめたら(笑)??
 10代の子とかならわかるけど(((^_^;)」

この人の言うこと素直に聞いとけば、こんなことにはならなかったのに・・・。

元国税局職員 塩田圭介

まだあるのか!いちゃついてる写真。
彼女、写真にタグ付けされてますから!そこから彼女の家族まで辿り着けちゃいますから!

元国税局職員 塩田圭介 facebook

コメントやりとりの相手は、どうやら写真の女性。
この場で結婚式のこと決めてるようです。

挙式は海外、披露宴は国内らしいです。
誰もが見れる状況って知ってるのか?それとも見せびらかしてるのか??

元国税局職員 塩田圭介 facebook

国税局から、民間の会計事務所に転職~!!

しかし記事によると・・・

1月中旬、新たな就職先に決めたのは東京・銀座の会計事務所。フェイスブックに「悩みました。決断しました。大阪からまた東京飛びます。(中略)経営相談、事業相談、相続対策、コンサルティングさせて頂きます。今年一年飛躍致します」と意気込みを綴っていた。

ただ、この書き込みは虚偽で、掲載していた写真は事務所のホームページからの無断転載だった。

この会計事務所によると、昨年12月、個人資産の担当部門の採用に転職斡旋(あっせん)会社を通じて応募があった。ただ、公認会計士など業務に関する国家資格がなかったことから、書類審査で落とされ、面接選考に進むことはできなかった。

「前職の税務署で個人資産を扱っていたので斡旋会社から推薦は来たが、採用は見送った」。事務所の担当者はこう話し、「事件後の問い合わせで知った。(書き込みが)何の目的かは分からないが、迷惑をかけられずに済んでほっとしている」と続けた。

関係者によると、塩田容疑者は東京国税局を退職後は無職だったとみられる。

もしかすると、採用された~ってことではなく、
ここに行きたい~!ってことだったんかな??
きっとそうだよねっ?

そして、写真右側のコメント ↓↓

「○○(彼女と思われる人の名前)、
あ、すんませんm(_ _)m笑
俺頑張らなな!辛い時もあるかも知らんけど、失敗しても支えて下さい!」
1月12日 20:05 (携帯より)

「 仕方なし許してあげるわ(^з^)-☆(笑)
うん、でも無理せんといてな?
そんなん当たり前やん(>_<) 辛いときでも、そばにいたいと思えるかどうかを考えて、いたい!と思えたから決めたよ!」 1月12日 20:12 (携帯より)

ううう。涙無しでは見れません。。

マスメディアは事件を盛り上げる

いやいや~、facebookをオープンにしてると、プライベート筒抜けで怖いですね。
けれども、本当に怖いのはここから!

“月収20万円で豪遊?情報漏洩容疑で逮捕の元国税マン ネット公開したド派手私生活の虚実は?”

これが、今回の事件記事の見出しです。

そして記事。

【衝撃事件の核心】スイス製の時計、リムジンを満喫、高級焼肉店での食事-。税務調査の対象者に内部資料を漏洩(ろうえい)したとして逮捕された税務署元事務官は、インターネット上で浪費三昧の私生活を自慢げにつづっていた。国税局の“お堅い”イメージからかけ離れたド派手な散財ぶりだが、実態は月収20万円ほどの若手公務員にすぎなかった。「浪費が半端ない」と自慢げに語るネット上での姿は、はたして虚構か真実か。

- 省略 -

プレゼントと称して海外ブランド「エルメス」のバッグの写真を掲載し、スイスの高級時計「ウブロ」の写真とともに「最近浪費半端ない。お金は大事やな。がっつり稼ぐで~」などとも書き込んでいた。

ただ、「塩田容疑者と同世代の職員は月給約20万円程度で、25万円を超えることはない」(東京国税局)といい、捜査関係者も「虚実入り交じっている」と判断。「特に本人が写っておらず、ブランド品だけの写真は本当かどうか定かではない」と懐疑的な見方だ。

- 省略 -

ある捜査関係者は塩田容疑者の書き込みを「現代の若者の心理は分からない。ただ、見えっ張りであることは確かだ」と評した。特捜部は漏洩の背景や動機、金銭の授受も視野に捜査を進めている。

この記事を鵜呑みにすると塩田圭介容疑者(24)に対して、「頭おかしい」「すっごい変なやつ」「嫌味な奴」「詐欺とかやってそう」といった印象を持ったり、最近の若者は~XX的な発想を持ったりします。

けれども、本当に豪遊??

確かに写真をパラパラ見ると、「ド派手な散財ぶり」と評することもできます。

facebook写真

facebook写真

facebook写真

facebook写真

しかし、、、ちょいと待ちなさいっ!!

逆に言うと、「ド派手な散財ぶり」と言える根拠はこれらだけ。

24歳くらいの年齢だったら、たまには銀座でイイもの食べる時くらいあるし、ちょっと高価なものを買ったりすることもあります。
また、ブランド品が実は偽物~!なんて可能性もあるでしょ。
中国・韓国に行けば巧妙な偽物を1万円前後くらいで買えたりするし、国内でもネットを通じて買えたりします。

実際、学生でもエルメス(もしくはエルメスの偽物)のバッグ持ってる奴、ざらにいますから。

“「浪費が半端ない」と自慢げに語るネット上での姿”と書いてますが、毎月嗜好品に5万費やす場合でも人によっては「浪費」です。いくら使うと「浪費」なのかなんて、そんな基準はありません。

高級車
マイカー通勤笑


さっ、ここ住むか

産経新聞記事ではこれらの写真から、「ド派手な散財ぶり」なんて言っちゃってます。
けれども、大阪ではこういうのを「ギャグ」とか「冗談」と言うんですよ。(すべってるけどね。)
しかも「マイカー通勤笑」についてはコメントで友人がしっかりとツッコンでくれています。

それを、いかにもな感じで記事書いちゃ駄目でしょ。
「ド派手な散財ぶり」と言うには、さすがに根拠不十分。残念!

それに、国税局の月収が20万円でも、ヤフオクなどの転売で、数十万稼ぐこともできますからね。
24歳なら、そういうのやってても全然おかしくは無いと思いますが。

捜査関係者さん、大丈夫??

“ある捜査関係者は塩田容疑者の書き込みを「現代の若者の心理は分からない。ただ、見えっ張りであることは確かだ」と評した。”
とありますが、もし本気で言ってるなら、その捜査関係者は、若い人に世代交代すべきでしょ。こんな発言してるようじゃ、Webがすごく身近な現代の捜査なんて出来ないですよ多分。

facebookでは、どちらかというと皆、小さな非日常を共有しています。
毎日「今日は普通に仕事しました。」みたいなこと書いてる人はいないし、通常は「友達に見せたい特別な出来事」をアップしたりするものです。

それが彼にとっては、自慢ネタが少し多かった。その程度の話です。

したがって、「現代の若者の心理は分からない。」と言ってる捜査関係者は、facebook自体をよくわかってないと言わざる得ないです。国内でも1400万人弱のユーザー数を持つ、facebook。捜査関係者ならもう少し理解しておきましょうよ。その理解は捜査に必要でしょ。

それとも、そうコメントすることで、「大人には理解できないほど、若者の心理状態がおかしい」という風に持っていきたいのか?どうなんだ?
もしくはこのコメントすら、記者の作り上げなのか?

ただ、断片的な情報と不適切な理解から、普通の人を変人に作り上げる方がよっぽどおかしい人間であることは確かだ!
それこそ異常者だよ。

↑ ちなみにですが、こちらは私のfacebook写真キャプチャ。以前に上海に行った時の写真が並んでます。
これだけ見て、「上海で豪遊」なんて言われちゃたまりません。わたくし、自他共に認める「あんまり遊びに金使わないタイプ」です。

実は普通のイイ奴だったりする

塩田容疑者(24)をかばう義理は全くありませんが、
彼のfacebookを見る限り、普通の男の子です。たぶん友達だったらイイ奴です。
僕はそう思います。

記事を読んだ後に、彼のfacebookを見ると相当に変な奴に見えますが、
記事を知らずに見た場合、間違いなく普通のリア充な男の子です。

(実際はもちろんわからないけど)彼女を大切にしているところや友達・後輩と仲良くしているところなど、好感をもてる部分もいっぱいあります。
見えっ張りなところがあり、少々気持ち悪いところ(いちゃつき写真を公開しているところ)なんかもありますが、誰にだって短所くらいあります。

それを、いかにもな変人扱いで記事つくっちゃうのはいかがなもんでしょうか。明らかに、記者にとって都合のいい部分(変人っぽく仕立てあげるための部分)だけを抜き取ってます。
真実を報道したいという姿勢より、読者数稼ぐために事件を面白おかしくしてる感が否めません。

本当に罪を犯したのだとしたら、それは勿論いけないことですし、
罪に大小は無いのかもしれませんが、
今回の容疑は、情報漏洩。

要するに、「普通の男の子、魔がさした」実際はその程度です。

けれども、警察では「魔がさした」という事件発生理由はまぁ認めませんし、マスメディア的にも面白くありません。
「魔がさした」のは大体の場合、「頭がおかしいから」みたいな扱いになります。

産経新聞さん、事件おもしろおかしく作り上げるの、そろそろもう辞めましょうよ。
こんなことばっかしてるから新聞読む人減ったり、新聞の情報を信じない人が増えるんだよ。

個人的には産経新聞好きなんだけどね。(学生時代は産経新聞毎月とってた。おかげでちょいと右寄りかも??)
しかし、この記事に関しては駄目だよ。盛り過ぎ。

ねつ造される人物像

犯罪者の権利や犯罪者の家族の不当な差別、人権・・・
もしくは「魔が差す」ということ・・・

そういう問題に言及したいわけではなく、
今回フォーカスしたいのはマスメディアによって勝手に人物像が作られるということ。

まぁそんなことは数年前からわかっていたことですが、
その、人物像作りあげにfacebookを使ってきたという点がトピックス。

マスメディアはこういう風にもソーシャルメディアを使うのね。
けれども調べれば、びっくりするくらい”盛ってる”ということがわかるんですけど。

読者馬鹿にしてんのか?それとも、これが彼らの真剣な記事なのか??

そして何より、冗談を冗談と捉えないあたり、すっごく恐怖。

「殺すぞー!笑」なんて書いてたら、
“普段から友人にも殺意をむける傾向があった。最近の若者の理解不能な心情。”なんて書かれるのかもね。

あなたやあなたの友人がもし罪を犯してしまったら、
facebookを用いてどんな人物にされるんでしょうか。

是非一度、想像してみてください〜。