BASEは稀に見る低学歴ITベンチャー!?

「30 秒でネットショップを作ることができる」でお馴染みのネットショップ作成サービスのBASEさん。何を隠そうわたくしはBASEファンなのです。

自営業の母親が簡単にできるネットショップができたらいいなぁ、という想いから始まり、今や出店店舗数は楽天超えの8万店舗(楽天は4万2000店)。BASE設立は2012年12月。代表の鶴岡さんは平成生まれの24歳。すごいですよね。もう妬みを通り越してファンになるしかありません。

そんな鶴岡さんのTwitterでの人材募集告知が素敵だったので、一連のツイートをまとめてみました。

「稀に見る低学歴会社だと思う」

そうだ、確かに家入さん中卒だった!

確かに。

かっこよすぎる..

(笑)

BASEは、新卒採用もOKみたい。

バリバリのプログラマーだけかと思いきや、そうでは無いみたいです。
企画やサポート等、いくつかの職種の求人があるみたいです。

BASE – 一緒にBASEを作りませんか!?
http://thebase.in/pages/jobs.html

BASE – Wantedly
https://www.wantedly.com/companies/base

BASEは、おじさんおばさんもOKらしい

話題のITベンチャーで働ける!?

BASEは稀に見る低学歴ITベンチャー!?

ITベンチャー企業といえば、「20〜30代くらいの高学歴集団」そんなイメージを持っている人も少なくないのではないでしょうか?ちょっと前までは自分もそういうイメージでしたが、色々な人との出会いの中で、実際はそういう会社ばかりではないんだということを知りました。

もちろん、誰でも採用かというと決してそういうことでは無いでしょうけど、鶴岡さんのTwitterや募集ページをじっくり見てみれば、BASEに関しては、学歴や年齢に関係なく「人柄や想い・能力を見る」そんな採用のコンセプトを感じ取ることができるとはずです。

ただ唯一の条件があるとしたら、「自分の可能性にフタをしないこと」だと思います。この言葉はホリエモンの「ゼロ」の中で何度か出てきた言葉で、とても気に入っているフレーズです。

BASEは稀に見る低学歴ITベンチャー!?|ホリエモン・ゼロ

「自分なんて…」と諦めてる人には100%チャンスはありませんが、そうでない人の可能性は未知数です。田舎の工場で働く派遣スタッフでもチャンスはあります。

少しの勇気を持って一歩踏み出してみてはどうでしょうか。特に地方で、自分の人生こんなもんだとちょっと諦めが入ってる方!東京のベンチャーで頑張ってみると、世界観大きく変わると思いますよー!

Windows XPのシェア46%!?個人情報保護法違反かも

Windows XPのサポート終了が4月9日に迫る中、3月上旬の時点で大阪の企業の多くはいまだにXPを使っている──大阪信用金庫の調査でそんな結果が出た。

調査は3月上旬、同信金の取引先1277社(大阪府内、兵庫県尼崎市内)に対して実施した。XPの利用企業は全体の46.0%(537社)におよび、そのうち53.5%は「今後もこのままXPを使う」と回答したという。

XPを使い続ける理由のトップは「XPで不自由しない」(64.4%)で、以下「XP対応ソフトを使っている」(19.3%)、「買い替える資金がない」(13.3%)と続いた。

2014/3/25
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140325-00000094-zdn_n-sci

調査結果は、大阪府内、兵庫県尼崎市のものですが、全国でもこんな感じじゃないかなと思います。

実際未だに、Web制作の現場では、クライアント様より「XPのIE7では見れません」なんていう声も聞きますし、Webサイトのアクセス解析結果でもIE6〜8はご健在です。

中小企業はもちろん、大手企業でも未だにXP稼働中です。業務用システム(基幹システム、社内情報共有システム等)がWindowsXP基準で構築されていることが原因のようですね。PCは全員分買い替えることが出来てもソフトウェアの買い替え(または構築)が足かせになっているようです。

個人情報保護法・コンプライアンスの観点でいうと買換必須?

これまでは、「XPだとWebサイトのレイアウトが崩れている時があるよね」(WindowsXPではIE9以降が利用できません)というくらいのデメリットでしたが、今後、WindowsXP利用によるデメリットはその程度では済みません。

サポートが終了するOSを使い続けるということは、PCのウイルス感染、不正アクセスを歓迎することになります。

個人情報保護法の大原則は、事業主が顧客情報・従業員情報等の個人情報を適切に管理することですので、事業主である企業がXPを利用し続けるというのは、その義務を放棄しているとも捉えられかねません。

個人情報保護法の違反罰則は「6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金」ですが、それよりも民事訴訟や信用の低下という事態が企業にとっては大打撃であるはずです。

WindowsXPを利用し続けることが個人情報保護法の違反に当たるかは実際のところまだ分かりませんが、漏洩等が起きてしまった時にXPを利用していることが発覚すると、それはもう世間からの大バッシング間違い無しです。

個人情報保護法の解説 : 違反時の罰則

こちら、「個人情報保護法対策室 : 個人情報保護法の解説 : 違反時の罰則」というページから引っ張って参りました。
http://www.nec-nexs.com/privacy/explanation/penalty.html

システム自体もアップデートすべき

OSのバージョンアップに対応できないシステムというのは、大体の場合、自社内にサーバーを置いているタイプです。はっきり言うと、その方法は古く、多くの企業にとって不適合であり、上手にITを利用出来ているとは言えない状態です。

今日、自社にサーバーを置くメリットはほぼありません。Web上のサーバーの方が安く、大容量でかつ安全です。拡張性も高く、様々なメリットがあります。

WindowsXPでなければ動かないソフトを利用している場合には、この機会にシステムの再構築を検討してみてはいかがでしょうか。もちろんある程度の投資は必要ですが、年間コストとセキュリティを考慮すると、有意義な投資である場合が多いと思います。

また、これだけ「デザインが重要」「日本の企業はデザインが下手」と言われている中、古いデザインの中で色々な作業をすることは、良い環境とは言えないとも思います。

もしも、お知り合いにWebシステム業者さんがいない場合は、ご相談ください。万能ではありませんので、出来る・出来ないありますが、精一杯ご協力させていただきます。

WindowsXPと個人情報保護法

飛行機の中でもインターネット。ANA、WiFiサービス開始!けど料金プランに涙

ANAが国際線機内でインターネット接続ができるようになるサービス「ANA Wi-Fiサービス」の提供を発表。下記はANAのプレスリリース。

ANAは、スマートフォンやタブレット端末を使用し、機内でもWi-Fiを利用したいというお客様の声を受け、有料の機内インターネット接続サービス「ANA Wi-Fiサービス」を3月1日(土)より開始します。

大型機“ボーイング777-300ER”のみならず、中型機“ボーイング767-300ER”で運航するANA国際線機内において、Wi-Fiサービスの提供が開始されます。これにより、欧米線やアジア線の一部路線の上空にて、お客様ご自身の無線LAN対応スマートフォンなどを使用し、メールの利用や、Facebook・ツイッター・LINEなどのソーシャルメディアのアップデートができるようになります。またポータルサイトにおいては、最新ニュースが無料でご覧いただけます。

※ANA Wi-Fiサービスは、スマートフォンやタブレット端末におけるインターネット閲覧・メール送受信・ ソーシャルメディアのアップデートなどのご利用を前提としており、ノート型パソコンのご利用や、動画ダウンロードなどに適したサービスではございません。

5MBプラン $ 6(USドル)
10MBプラン $12(USドル)
20MBプラン $24(USドル)

http://www.ana.co.jp/pr/14_0103/13-167.html
国際線機内インターネット「ANA Wi-Fiサービス」開始|プレスリリース|企業情報|ANA

ついに飛行機の中でもWiFi!インターネット接続!

重要なメールが沢山届く訳ではない、けれど、インターネットが繋がっていないと不安!そんな自分にとっては、とても有り難い話です。なお、プライベート時間保護のため、通話は引き続き不可でお願いします!w

また、座席にモニターが無かった時のあの絶望感!(映画楽しみにしてたのに!)何をしていいのかわからなくなりますが、インターネットが繋がれば何の問題もありません。Huluもしくはテレビ東京ビジネスオンデマンドでも見ましょうか、という感じです。

しかし、よくよく発表内容をみてみると・・・

なんじゃこの料金設定

5MBプラン $ 6(USドル)
10MBプラン $12(USドル)
20MBプラン $24(USドル)

※ANA Wi-Fiサービスは、スマートフォンやタブレット端末におけるインターネット閲覧・メール送受信・ ソーシャルメディアのアップデートなどのご利用を前提としており、ノート型パソコンのご利用や、動画ダウンロードなどに適したサービスではございません。

ダイヤルアップじゃないんだからとツッコミたくなるような料金設定です。記載の通り、動画を見るのは難しそうです。メールチェック数回できます、というレベルですね。

せめて1時間接続し放題/○○円が良かったのでは。

JALは時間制システムです。(一部路線のみWiFi利用可)

ニューヨーク、シカゴ、ロサンゼルス、フランクフルト、ジャカルタ
■1時間プラン利用時間: 1時間利用料金: $11.95
■24時間プラン利用時間: 24時間利用料金: $21.95

http://www.jal.co.jp/inflight/inter/sky_wifi/
国際線機内インターネットサービス JAL SKY Wi-Fi

5MBってどれくらい?

ANA提供の最も安価WiFi接続プラン、5MBってどれくらいなものでしょうか。大体のファイルサイズを一覧にしてみましたので、ご参考ください。もちろん、ピンキリです。

SNSに登場する画像データ 0.3MBくらい
メールで登場する画像データ 1MBくらい
高画質画像(一眼レフなど) 3MBくらい
エクセル 2.5MBくらい
パワーポイント 5MBくらい
PDF 3MBくらい
音楽1曲(MP3) 3MBくらい
30分動画(MP4) 250MBくらい

facebookなら、アプリ起動後3分くらいは持ちそうです。

ビジネスでのデータやり取りはかなりの資金が必要そうです。

飛行機の中で快適にインターネットを利用したい!

飛行機の中でもインターネット。ANA、WiFiサービス開始

今回のANAのWiFiサービスは、何とも言えない感ありますが、飛行機はインターネットがないから退屈!という時代は終わりを迎えそうな兆しがありますね。飛行機でWiFi接続がもっと安定して出来るようになったら、メールやり取りや動画閲覧するだけでなく、Mapの現在地高速移動なども体験してみたいです。

飛行機の時速は950km前後。この速さを利用したアプリなんかが登場すると楽しそうです。

法人も個人も知っておきたい、LINEが発表した3つの新サービス

LINEが本日発表した3つのサービス内容、個人・法人問わず、チェックしておいて損無しです。

発表内容はこちらです。
【LINE】LINE、グローバル市場での更なる成長に向け、「BEYOND LINE」をテーマに3つの新サービスを発表

1. LINEユーザー以外とも通話。最大67〜95%OFFのLINE電話

LINE電話サイト

http://line.me/ja/call

月額基本料0円、初期費用0円、接続費用0円。
通話料金以外、一切かからないそうです。

LINE電話|料金
※ 画像拡大

激安の国際通話

国際通話
※画像拡大

本当に激安。なにげに超助かる人多いはず。

LINE@登録店舗に電話

これはすごく便利じゃないですか?
初回は期間限定の無料通話キャンペーン実施とのこと。有料でも十分に価値があると思います。

※ LINE@について

LINEの法人用アカウントで、一方通行的にお知らせすることができるビジネスツールです。月5250円の有料サービスのため、アカウント開設をためらう方も多いと思いますが、「LINE@登録店舗に電話」の便利さによっては導入必須になるかもしれません。いや多分、本気で商売するなら導入必須になるでしょうね。

LINE@

「LINE@なんですかそれは?」という事業主さんはこちらをチェック。
>> LINE@

支払い方法

支払い方法

コールクレジットとは、電子マネーのように利用する金額を前もってチャージする料金プランだそうです。頻繁にLINE通話を利用する人用のプランは、「30日プラン」ですね。

ここまでくると、WiFiさえあれば、もうドコモ、au、ソフトバンク等のキャリアは要らないですね。
WiMAX+iPhone(Wifiのみ)とかで十分やっていけそうな気がします。

少なくとも、通話料金のプランは一番安いのに変更したほうが良さそうです。

2. ピザのスタンプを送信するだけで宅配ピザが届く!?LINE ビジネスコネクト

LINEビジネスコネクト

「LINE ビジネスコネクト」を活用すれば・・・

公式アカウントへピザのスタンプを送信するだけで宅配ピザの注文ができたり、レンタルしていた商品の返却日前日にLINEで通知を送ったり、LINEから位置情報を送信してタクシーの手配をしたりするなど、様々な可能性が広がります。

だそうです。すごいなこれ。かなり便利になりそうです。LINE@とは別物なのか、追加機能なのか、今のところよくわかりません。「まずは、一部企業と連携してケーススタディを作り、段階的に導入企業を拡大していく予定」とのことなので、リリースを待ちましょう。

また、一方通行でなく、顧客データベースとの連携で、より最適化されたメッセージが配信出来るようになるそうです。誕生日メッセージや、趣向ごとに配信の内容変更(男性には○○、女性は△△、20代には■■、商品Aを買ったことがある人にのみ配信等)などができるんでしょうね。

3. プロアマ問わずスタンプ作成・登録可能、LINE クリエイターズマーケット

ライン クリエイターズマーケット

登録・申請はすべて無料で、40種類のスタンプを1セット100円のパッケージで販売、売上の50%がキャッシュバックという仕組みです。強気な50%という数字ですが、その価値はありそうです。

LINEは国内だけでなく、海外でもユーザー数が多いメッセンジャーアプリ。世界のユーザーは2億人以上とも呼ばれています。

イラスト描ける方は是非チャレンジしてみてはいかがでしょう。先行者利益は大きいと思います。

LINEと関係のない業種?

私たち社会人はこのような変化を的確に把握し、先手先手でしっかり対応していくことが大切だと思います。けれども、今回の発表が自分の業種には関係ないと感じている人もいるのではないでしょうか?

自分たちには関係のない話と思ったあなた!間違っています。関係ないと思ってる人が多い業界ほどきっと大チャンスですよ。

問合せ窓口を他社に先立ってLINEを用いることだけで小さな差別化になりますし、LINE法人アカウントを上手に利用すれば、しっかりと見込み客を確保出来るようになります。コミュニケーションの在り方ですので、関係のない業種はありません。競合と足並み揃える必要はないどころか、足並み揃えると損です。

「自分の業種には関係ない」と感じた人は、今回のニュース以外でも、自分の仕事とどう関係するかを考えながらニュースをチェックするといいと思います。そうすると他社に一歩リードできるかもしれません。知識より、知識の活用が大事ということですね。

LINEが描くスマホコミュニケーション

LINEが登場して、確実に友人・知人とのコミュニケーション方法は変わりました。多くの人がSMS(メッセージ)を殆ど使わなくなったのではないでしょうか。これからさらに、通話の在り方が変わり、企業と一般消費者のコミュニケーションスタイルも変わることになりそうです。

時代の変化を体感出来ることは嬉しいことですね。LINEがスマホコミュニケーションをどのように変えていくのか、非常にワクワクさせてくれます。LINEの動向は引き続きチェックしていきましょう。法人、個人問わず、損無しです!

社員・従業員セグメントで6タイプに分類

やりがいとかいらないんでとりあえず残業代くださいとか言われる今日。一体どうすれば皆のモチベーションを高め、成長を加速させることが出来るのでしょうか。社員を管理し、育成を任されている人やチームで作業を行う人の多くが非常に頭を悩ませていると思います。

そんな方に役立ちそうなのが、「コトラーのマーケティング3.0 ソーシャルメディア時代の新法則(2010,朝日新聞出版)」で紹介されていた従業員のタイプ分類です。それぞれの分類別に対策法を書いてみましたので、社員教育でお悩みの方のヒントになれば幸いです。

社員の気持ち、立ち場を理解することは、業績向上はもちろん、社内テロを防ぐこともできます。(待遇に不満があると自社の冷凍食品に農薬を入れる人がいる時代になりました)

主な傾向を知ることは、「こういう人がいるんだ」という他人への理解のきっかけになります。まずは、自分とは違う人がいることを認め、理解することからはじめてみましょう。

社員・従業員セグメント6タイプ分類

社員・従業員セグメントで6タイプに分類

楽して稼ぎたがるセグメント

手軽な成功を求めるタイプ

それなりの収入を得るために、義務的に仕事をしています。向上心が高いとはいえない彼らの成長を狙う場合には、小さな目標と小さな成功体験を重ねていくようにする等、上司によるコントロールが必要です。

柔軟なわき役のセグメント

まだ仕事を優先事項とはみなしていないため、流れに身を任せるタイプ

仕事以外で夢や目標または大切なものを持っているタイプです。仕事の楽しさを伝えつつも、プライベートへの配慮が必要です。挑戦の場や目標の設定は不適切です。

リスクと報酬を求めるセグメント

仕事を挑戦の機会とみなし、自らを奮い立たせるタイプ

自由と挑戦の場を与えましょう。不自由な環境または報酬が不相応と感じると、転職するかもしれません。

個人の専門技能を生かしてチームで成功したいと考えるセグメント

チームワークとコラボレーションを与えてくれる仕事を求めるタイプ

個人戦だとモチベーションが上がりません。個人の目標よりもチームの目標を与えましょう。

確実な前進を目指すセグメント

前途有望なキャリアパスを求めるタイプ

安定ポジションへのキャリア作りに興味があります。安定が期待できなくなった場合、転職を考えるかもしれません。

目に見える足跡を残したがるセグメント

会社に永続的な影響を与える機会を求める

名誉・栄誉、評価が必要なタイプです。自主性を尊重し、スキル(稼げる能力)向上の場を与えましょう。

マッキンゼーの従業員セグメント4分類

上記の分類は組織と人材活用の専門家タマラ・J・エリクソンによる分類方法です。この分類方法は、マッキンゼーの設定した従業員セグメントは上記の分類方法と似ているそうです。マッキンゼー式は、下記の4分類です。

  • 成長と達成を求める勝ち馬に乗る社員
  • 高い報酬を求める高リスク高報酬型社員
  • 柔軟性を求めるライフスタイル型社員
  • 大きなミッションの貢献機会を求める世界を救おうとする社員

非常に良く似ていますね。分類方法の根本的な部分はきっと同じなのでしょう。

シグニチャー・エクスペリエンスとは

その職場で働くことでしか得られない経験、職務経験を「シグニチャー・エクスペリエンス」といいます。

採用活動、人材配置を検討する際、会社の提供するシグニチャー・エクスペリエンスと社員の希望するシグニチャー・エクスペリエンスを一致させることは、組織力アップにおいて非常に重要なことです。

従業員のセグメントを理解し、会社の提供するシグニチャー・エクスペリエンスを明確にすれば、組織づくりはきっと円滑になり、無駄な苦労は激減します。

部下やチームのメンバーのことでお悩みの方は、適切な人材配置と教育の実施のためにまず、「従業員のセグメント」「シグニチャー・エクスペリエンス」を意識してみてはいかがでしょうか。

もちろん、先輩や上司に悩んでる方にとっても、お勧めです。
ピーター・ドラッカーいわく「部下をコントロールするより、上司をコントロールする方が簡単」だそうです。

「人」の悩みは尽きませんが、改善の方法は意外と色々あるものです。様々な知識・ノウハウを取り入れて、良い職場をつくっていきましょう。

Twitter匿名アカウントの個人特定可能に。悪口・誹謗中傷は名誉毀損で訴えられるかも。

Twitter匿名の悪口

ツイッターの投稿者特定に道が開けた

自分の名前を出さずとも、気軽に情報発信できるツイッター。だが、その「匿名性」は絶対ではないことが実例で示された。ツイッターで「詐欺師」などと中傷された日本人男性が、投稿者を割り出すために、米ツイッター社へ情報開示を求めて行った仮処分申請が、東京地裁に認められたのだ。

原告側代理人を務めた清水陽平弁護士「実は本件で中傷が投稿されたのは2011年9月ごろからで、仮処分を申し立てた時点で、すでに1年半以上経過しているものもありました。つまり、発言時のアクセスログがツイッター社から開示されたとしても、プロバイダに過去の情報が残されている可能性は低かったですし、仮に残っていてもプロバイダにはその記録が残っていないと思われました。
そこで、『ツイッターアカウントにアクセスした最新のログ』を開示するよう求めたのです。結果的に請求は認められ、2013年8月時点でツイッターアカウントにログインした際のアクセスログ(IPアドレス等)が開示されました。」

弁護士ドットコムトピックス
http://www.bengo4.com/topics/1132/

Twitterはこれまで個人の特定が困難だった

  • Twitterの日本法人は情報開示の権限がないので、情報開示に関する裁判を行う際は、ツイッター米国法人。
  • アクセスログは通常3カ月程度で削除されてしまうため、時間がかかると情報は無くなってしまう。
  • 日本から米国へは、単に書類を送るだけでも時間がかかり、訴訟もスムーズではない。

上記のような理由から、悪口・誹謗中傷のツイート主を特定する事は困難でしたが、国内の弁護士さんが工夫を凝らしてこの状況を打破。見事にTwitter社より、誹謗中傷相手のIPアドレスをゲットするという事例が誕生しました。

個人特定ができると、名誉毀損で訴訟可能

匿名アカウントだからと安心して「こいつは詐欺師。しねぼけはげ」とか言ってると、侮辱罪や名誉毀損罪、脅迫罪等の罪に問われることがあるということです。ちなみにこれら、示談だと100万円くらいの慰謝料支払いが相場だそうです。

匿名アカウントに攻撃されている人は、泣き寝入りせず強気に訴訟することができます。でも訴訟するのは時間と準備費用の問題が大変なので、まずは「@xxxx 訴訟します。示談に応じるならメッセージください RT こいつは詐欺師。しねぼけはげ」くらいのリプライでもしてみて、できるなら示談解決がいいと思います。

匿名は存在しないというのがもはや常識

Web上にはIPアドレス以外にも自分がアクセスした様々な痕跡は残りますし、アクセス情報を含む個人情報を厳密に保管している企業が情報を漏らす事も珍しくない今日、匿名は存在しないのが実態です。

訴えられても個人情報を開示しない2ちゃんねるも、昨年、情報漏洩により、匿名で投稿した人の投稿者個人が特定される事態が起きました。

Web上に真の意味での匿名はもはやありません。「ばれないから」といって人にイヤなことを言ったり傷つけるようなことを言ったりするのは辞めましょうね。

TWITTERで匿名の悪口・誹謗中傷は名誉毀損で訴えられるかも

マーケティング3.0とは?事例と概念を再確認

ストーリー戦略、イノベーション、ブランディング、コーズマーケティング、バイラルマーケティング、戦略PR・・・マーケティング界隈では、近年色々な言葉が登場してきました。

しかし、現状はこれらのトレンド化したキーワードが独り歩きしている感があり、現実社会にて上手く実践できていない感があります。私たちが、上記の戦略や概念を用いるには、それらの根本・土台ともいえる「マーケティング3.0」を理解することが不可欠です。

「コトラーのマーケティング3.0 ソーシャルメディア時代の新法則(朝日新聞出版)」が発売されたのは2010年秋。当時はまだ海の向こうアメリカでの話でしたが、2014年現在、日本でも彼が指摘しているように「消費者志向はもう古い」時代になっています。

マーケティングの歩み

マーケティング1.0

製品開発計画や流通チャネルの策定、販売促進等を複合的に組み合わせる「マーケティングミックス」という言葉が登場したのは、1950年代、現在でも基本とされる「4P(プロダクト、プライス、プレイス、プロモーション)」が登場したのは1960年代です。販売量やコストの削減等、製品が中心だった当時のマーケティングが「1.0」です。

マーケティング2.0

1990年代、不況による消費冷え込みに伴い、時代は需要過多。これまでの製品を中心としたマーケティングでは通用しなくなり、マーケティングのコンセプトは「製品を売ること」から「消費者が何を望んでいるか」にシフトしました。
今日も主流とされている「消費者志向」こそが、「マーケティング2.0」の基本概念です。「マーケティング2.0」では、「STP(セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニング)」がマーケティングにおける主役となり、いかに競合との差別化を成功させるかが大きなテーマでした。

マーケティング3.0

そして現在、「マーケティング3.0」は、消費者満足や事業の差別化といったテーマを引き継ぎつつ、「どんな社会をつくりたいか」がコンセプトになっています。その背景にあるものは、消費者の価値観の変化とソーシャルメディア普及等の生活環境の変化と、限られた資源、格差等、社会問題の深刻化です。

「マーケティング3.0」の本質は、過去のマーケティングと比較してみると分かりやすくなります。

マーケティング 1.0 2.0 3.0
中心 製品中心 消費者志向 価値主導
目的 製品を販売すること 消費者を満足させ、つなぎとめること 世界をよりよい場所にすること
可能にした力 産業革命 情報技術 ニューウェーブの技術
市場に対する企業の見方 物質的ニーズを持つマス購読者 マインドとハートを持つより洗練された消費者 マインドとハートを持つ全人的存在
主なマーケティング・コンセプト 製品開発 企業と製品のポジショニング 企業のミッション、ビジョン、価値
価値提案 機能的価値 機能的・感情的価値 機能的・感情的・精神的価値
消費者との交流 1対多数の取引 1対1の関係 多数対多数の協働

引用:コトラーのマーケティング3.0 ソーシャルメディア時代の新法則(2010,朝日新聞出版)P19

マーケティング3.0では、人間性が重視され、精神的な価値や想いなどが主軸となっています。注意したい点は、これまでのマーケティングが否定されているわけではなく、従来のマーケティングが得意とする効率やマネジメントといった論理的な部分の上に、精神性があるという点です。

ニューウェーブの技術とは、facebook、Twitter等のソーシャルメディアのことを指します。これらの登場が市場の主役を人の精神性にシフトさせ、マーケティングを抜本的に変えざる得ない状態にさせたのです。

マーケティング3.0の目的「世界をよりよい場所にすること」

ここからはなるべく具体的な事例を交えてマーケティング3.0の本質を解説していきます。

マーケティング3.0の目的は「どんな世界をつくりたいか」です。一方のマーケティング2.0のコンセプトは「消費者がどのようなものを望んでいるか」です。

マーケティング3.0を具現化した企業が、マーケティング2.0に忠実な企業に大きな差をつけている事例がこちらです。

事例:携帯電話(スマートフォン)市場

iphone

カンター・ワールドパネル・コムテック(市場調査会社)は2013年10月の日本におけるスマートフォン販売数において、iphone販売数が76%に達していることを発表しました。大体4人に3人がiPhoneという発表です。自分の周囲を見渡しても、この発表に違和感はありません。

世界に誇る技術力を有する日本が、自分たちの国でどうしてiPhoneに勝てなかったのか。その根本的な要因には、製品開発において、消費者志向に忠実過ぎた点があると考えられます。

国内メーカー対Apple

国内メーカーは、顧客のニーズを拾うことに一生懸命でした。

ガラケーと呼ばれる国産携帯電話の方がまだ多い数年前、実際に私自身は携帯業界のとある国内大手企業のマーケティングリサーチに携わったことがあります。自分自身はWebの分野のみでの参加でしたが、プロジェクトの全体を眺め、メーカーの計画力・予算は共に一流であることを知りました。

1人あたりのアンケート取得単価は販促プロモーションと比較しても劣らないくらいの高額を費やしており、こと細かい顧客の意見を拾い集めていました。そして、メーカーは、しっかりと顧客の意見を反映させた製品をつくっていたと思います。

けれども、そんな国内企業の健闘むなしく、現在はiPhoneが独走状態です。

膨大な予算を費やし、消費者の意見をしっかり把握している国内企業がなぜ、iPhoneに負けてしまっているのか。iPhoneとの違いは明白。それは製品開発コンセプトの違いです。

国内企業の多くは、「消費者が望んでいるもの」に重点を置いて製品を開発していました。一方、Appleは、「(消費者と開発者も含めた)私たちはこういうものがあると便利」という発想で製品を開発していました。国内企業が既存の携帯電話をベースに改良を検討している中、Appleは未知なるものを創造しようとしていたのです。

iPhoneの機能性や操作性、美しさは誰が見ても革新的で、Appleが市場調査よりも自社のクリエイティブを尊重していることは明白です。アンケートで集まる消費者の声は、既存の製品が持つ機能の枠を出ません。

メーカー 国内メーカー Apple
製品開発 消費者が何を求めているかを尊重し、改良 私たちがどんな生活をしたいかを創造
マーケティング マーケティング2.0 マーケティング3.0

スティーブ・ジョブズがiPhone発表のプレゼン時に用いた言葉は、マーケティング3.0のテーマである「どんな社会がいいか」という問いに対しての回答になっています。

「我々が望んでいるのは、どんな携帯電話より賢く、超簡単に使えるもの。これが、iPhone。」

iPhoneは、「消費者がどんな機能を望んでいるのか」ではなく、「私たちがどんな暮らしができたら素敵か」を考えて開発されていたのです。この国内企業vsAppleの事例は、マーケティング2.0と3.0の違いを象徴する事例だといえます。

イノベーションのジレンマ

日本製の携帯電話のように優れた機能を持つがゆえに、その機能の改良にリソースを費やし、革新性を持つ新興企業にシェアを奪われてしまうことを「イノベーションのジレンマ」といいます。

ハーバード・ビジネス・スクール教授のクレイトン・クリステンセン(Clayton M. Christensen)が、1997年の著書 The Innovator’s Dilemma: When New Technologies Cause Great Firms to Fail (『イノベーションのジレンマ – 技術革新が巨大企業を滅ぼすとき』)のなかで初めて提唱した。
“合理的な判断の積み重ねが巨大企業を滅ぼす”という視点が斬新で、この本はベストセラーとなり、続編も出ている。
Wikipedia http://goo.gl/0XBdMs

国内メーカーは、「イノベーション」より「失敗しないこと」がミッションになっているサラリーマンばかりだったのかというわけではなく、国内需要に対応していくために、組織は消費者志向で開発せざるを得なかったのです。

したがって、意図的に「消費者志向」を守り続けたどうかに関係なく、結果的に「マーケティング2.0」の概念で製品を開発し続けてしまったということになります。

マーケティング3.0のモデル

3iとは

これまでSTP分析に懸命だった私たちは、これからは「3i」と呼ばれるモデルで事業を評価する必要があります。「3i」とはマーケティング3.0の根本ともいえるモデルであり、様々な事例を参考にするにあたり、このモデルを理解しておくことは不可欠です。

3iとは|マーケティング3.0

※ コトラーのマーケティング3.0 ソーシャルメディア時代の新法則(2010,朝日新聞出版)「3iモデル」を元に作成

3i:ブランド・アイデンティティ

「ポジショニング」「ブランド」から成り立ち、消費者の心理の中における位置づけのことを指します。ユニークな位置づけであることが好まれます。

3i:ブランド・イメージ

「ブランド」「差別化」から成り立ち、消費者に良好な印象を与え、感情的なニーズを満足させることを指します。ブランド・イメージを言い換えると、マーケティング2.0の主役、「STP」と「ブランディング」です。

3i:ブランド・インテグリティ

「差別化」「ポジショニング」から成り立ち、ブランドに対する誠実さを意味します。そのブランドが約束を果たしていない場合には、ソーシャルメディア等のニューウェーブ技術がブランドの嘘を暴くことになります。

綺麗な三角形をつくるには、企業経営者、マーケターは、ブランドに忠実であることが必要です。

富士重工業「スバル」の3iモデル

2005年頃、税金等の維持費の安さと燃費の良さでブームが巻き起こった軽自動車。新車販売台数の約3割を獲得したシェアは2013年には39.3%と約4割のシェアを持ち、自動車業界の主戦場と呼ばれるマーケットへ成長しています。

国内自動車メーカー各社が、国内軽自動車のシェア獲得競争を激化させる中、スバルは2008年に軽自動車を事実上の撤退を発表(現行軽自動車はOEM生産)し、軽自動車の技術者をレガシィなど上級車の開発に振り向けました。

そして、2013年3月期の富士重工業の決算は、世界販売台数、売上高、営業・経常・最終の各利益が過去最高となる快進撃。5年連続で過去最高を更新するとともに、米国において唯一、6年連続で前年実績を上回りました。

富士重工業「スバル」の3iモデル

20年かけて作りあげた安全技術「アイサイト」と、重心を低く出来る貴重なエンジン「水平対向エンジン」(生産はスバルとポルシェのみ)等を低価格化できる高度な技術力により、「安心と走る快適さ」というポジショニングに背かないインテグリティを備えています。

マーケティング3.0における戦略、戦術、取り組み

ここからは、マーケティング3.0における具体的な活動の紹介です。それぞれ、事例を通じて解説していきます。

事例:ブランディング

セブンイレブンは2010年、ブランディングプロジェクトを開始しました。

種類ごとにバラバラのブランドで、統一感がなく、認知度が低かったセブンイレブンのPB商品を、アートディレクター佐藤可士和氏が中心となり、パッケージデザインやブランドマークを統一したのです。

その結果、認知度は大幅に向上。「セブンプレミアムの食品は美味しい」という話を友人・知人から聞いたことがある人も多いと思います。

商品ブランドロゴについて|セブン-イレブン~近くて便利~
http://www.sej.co.jp/products/branding.html

ブランディングの注意点

ブランディングとは、事業の持つ本質的価値を引き出し、イメージコントロールすることをいいます。マーケティング2.0でも重要な活動だったブランディングは「3.0」になり、よりその重要性を増しています。

3.0における、ブランディングの大事な点は、「価値」と「イメージコントロール」が掛け算にある点です。おそらく多くの人が気付いていることですが、「価値」を見直さないまま、イメージコントロールの改善を図ろうとしている企業が多いという残念な事実があります。

今日、ブランドイメージを企業や広告代理店が操作することは、ソーシャルメディアにより困難になりつつあります。イメージ操作は、マス広告の大量投下等により短期的には上手くいくかもしれませんが、長期的には不可能であると言えます。

事例:コーズマーケティング

誠実なコーズマーケティングを行う、TOMS カンパニーという会社があります。海外の企業ですが、日本でも確実に売上を伸ばしてきています。TOMS カンパニーが展開するオンラインショップ「トムスシューズ」では、『あなたが靴を1足購入するたびに、TOMSから子ども達に新しい靴が贈られます。』というコンセプトを掲げ、それを着実に実行しています。

また、『あなたが1つアイウエアを買うたびに、TOMSの援助を通して1人の視力が回復します。』というコンセプトの元、アイウェア(サングラス)の販売もスタートしています。

TOMS STORE TOKYO/OUR MOVEMENT
http://tomsshoes.jp/shop/html/user_data/our-movement.php

コーズマーケティングの注意点

2010年頃より、新しいマーケティング手法として注目を集めた「コーズマーケティング」。大手企業もこぞってキャンペーンを展開しました。けれども、その多くは「売るための手法」に過ぎず、消費者の心に響くものは少なかったように思えます。

また、コーズマーケティングは、後に挙げる「ストーリー性」の設定が不可欠です。ストーリーの無いコーズマーケティングは、ただの「販促」に過ぎません。

「なぜそうするに至ったか」の説明が無い「○○を買えば○○円寄付」というキャンペーンは、「売上を上げるために寄付している」と見なされます。これらのキャンペーンは一時的な販促の効果は多少期待できますが、ブランドイメージへの貢献はほぼありません。

事例:ストーリー性

需要過多かつ機能の差別化が難しい今日、「ストーリー」は高い付加価値となります。先に挙げた、Appleとトムスシューズのストーリー性は非常に優れています。

Youtube:iPhone を発表するスティーブ・ジョブス(日本語字幕)
http://www.youtube.com/watch?v=L0XeQhSnkHg

OUR_MOVEMENT | TOMS
http://tomsshoes.jp/our_movement.php

優れたストーリーをつくれない日本人

日本人はストーリーづくりが苦手と言われることもありますが、決してそんなことはありません。優秀な脚本家、作家は沢山います。ただ、優れたストーリーを描くマーケターが少ないのは事実だと思います。

マーケティング2.0は、これまで論理思考が優先でした。ビジネスの現場では現在も論理思考が主役です。また、Ebayと楽天またはヤフオクの商品ページをいくつか見比べてみればわかる通り、日本人には購入時「情報を重視する」という国民性があります。

日本では、客観性の高い事実と具体的な数字が最大の武器だったのです。

もしもiPhoneのプレゼンテーションをするのがスティーブ・ジョブスでなく、日本人マーケターだったら、「この製品は他社と比べて○○センチ画面が大きい」「利用者の○○%がこのような使い方を望んでいる」といった詳細な説明でプレゼンテーションをスタートしたかもしれません。

事実や数字で説得する方法と、感動的なストーリーに惹き込む方法、心の動かし方には2通りあり、今、国内のマーケターに求められているスキルは後者であるということを頭に入れておかなければなりません。

客観性の高い事実と具体的な数字を用いた機能の説明によって感動する時代は、日本でも終わりつつあります。現在では、感動的なストーリーで心を動かした後、必要な部分の詳細を説明を行う方が効果的です。

注意点としては、ユーモアな発想があれば良いかというとそういうわけではなく、STP等の論理思考の上にユーモアが必要であるという点です。エモーショナルはロジカルな土台の上にあって、はじめて効果が出るということを意識しておかなければいけません。

消費者との交流「多数対多数の協働」

マーケティング3.0において重要なキーワードの一つが、「協働」または「共創」です。ビジネスの現場では、企業が協力して事業をおこなう「協業」を意味して「共創」を使う場合もありますが、マーケティング3.0では「一般消費者と価値を創造していくこと」を意味します。

主な事例としては下記のものが挙げられます。

事例:AppStore、GooglePlay等のアプリ

個人レベルでのアプリ開発を可能とし、アプリを公開する場を提供しています。魅力的なアプリの登場は、プラットフォーム提供者、開発者、ユーザーにそれぞれメリットがあります。

事例:AKB48

総選挙という制度を用いて、ファンがアイドルをプロデュースする仕組みをつくっています。色々な批判がありますが、「多数対多数の協働」というコンセプトを実現させています。

事例:クックパッド

一般消費者がオリジナルの料理レシピを投稿することにより成立している料理情報サイトです。消費者がお互いにレシピを入手することを通じて、提供元は広告収入・会員費用等の利益を得ています。

クラウドソージング

今日では、発案、製品開発、デザイン、テストなど、様々な作業をクラウドソージングのサービスを通じて協働することができます。単なる下請け作業が多いのが実際ですが、協働の環境は整っています。

持続可能性

事業が持続できる環境を整えることは、「1.0」の頃よりマーケティングの役割の一つです。「1.0」の頃には、効率よく大量生産を行う仕組みづくりが重要でしたが、「3.0」時代には原材料の安定的な確保、生産地の人材力向上等がテーマになっています。

事例:午後の紅茶

日本に輸入されるスリランカ紅茶葉の約25%が「午後の紅茶」に使われています。KIRIN(キリン)は高品質な紅茶葉を持続可能な資源とするため、現地に様々な支援を行っています。

紅茶農場への直接指導をはじめ、産業を支える人々の教育支援など、多岐にわたった活動を展開しています。

スリランカ・フレンドシップ・プロジェクト|CSV活動|キリン

これからはマーケティング3.0が主流

以上がマーケティング3.0に関する主な活動の紹介です。

現在、まだまだマーケティング2.0の発想に基づくプロモーション、キャンペーンが多い状態ですが、きっと私たちはそれらを直感的に「古い」と感じているはずです。

2014年、事業はマーケティング3.0に本格的な移行を始めなければいけない状態になっています。私たちは、経営者、営業職、販売職等、職業に関係なく、それぞれが持つマーケティングの概念を3.0に更新する必要があります。

マーケティング3.0にバージョンアップするには

繰り返しになりますが、マーケティング3.0は過去のマーケティングを否定するものではありません。バージョンアップであり、2.0の土台があるからこそ、3.0にアップデートすることができます。

マーケティング3.0では、論理的思考と感情的思考(エモーショナル)の両方が必要です。そして同時に、教養・道徳・哲学などを含めた人格も求められています。

思考・概念のアップデートは簡単なことではないかもしれません。けれども、「いかに売るか」ではなく、事業を通じてどのように「社会をよりよい場所にするか」を考えることで、バージョンアップは開始されます。

「社会」を世界規模で考えることは志が高く、素敵なことです。けれども、「社会」を「街」と置き換えたり、「家族・友人などの身近な人」と置き換えて、色々を考えてみることも充分に意義があるはずです。

また、それらを考えることは、決して眉間にしわを寄せるような苦痛なことではなく、「思わず笑顔がこぼれるような、とても楽しい作業」であることを覚えておいて損は無いと思います。

クローズアップ現代|ポエム居酒屋甲子園。そこにはブラックな居酒屋業界の実態があった

2014、1/14放送の、クローズアップ現代「あふれる“ポエム”?!~不透明な社会を覆うやさしいコトバ~」が話題になっています。

放送内容はこちら。

クローズアップ現代「あふれる“ポエム”?!~不透明な社会を覆うやさしいコトバ~」

クローズアップ現代「あふれる“ポエム”?!~不透明な社会を覆うやさしいコトバ~」

居酒屋、介護士、トラックドライバーなどの業界で、「甲子園」と呼ばれるイベントが人気だ。「夢をあきらめない」「みんなを幸せに」…どれだけ言葉が心を打ったかを競い合う。

震災以降、こうしたシンプルで聞き心地のいい言葉の多用が、若い世代のみならず、広告宣伝や企業の研修、そして地方自治体の条例など公共の言葉にも広がっているとして、社会学者や批評家らが「ポエム化」と呼んで分析を試み始めている。共通する特徴は、過剰とも思える優しさ・前向きな感情の強調だ。

この風潮を特に支持するのは、「年収200万時代」の低収入の若者層と言われるが、厳しい現実を生き抜くために現状を肯定しようとする傾向が年々強まっているとされる。「ポエム化」の現場を通し、社会で何が進行しているのかを考える。

クローズアップ現代|居酒屋甲子園 クローズアップ現代|居酒屋甲子園 クローズアップ現代|BE HAPPY

No.3451 2014年1月14日(火)放送
クローズアップ現代
あふれる“ポエム”?! ~不透明な社会を覆うやさしいコトバ~
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3451.html

書き起こされたのはこちら
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3451_all.html

居酒屋甲子園などの「○○甲子園」で業界ナンバー1を競う大会。
そこには、ポジティブな想い(ポエム?)を涙ながらに叫ぶ若者と、激しく共感してもらい泣きする若者が映っていました。

「夢はひとりで見るもんじゃない、皆で見るもんなんだ!」「人は夢を持つから、熱く、熱く、生きられるんだ!」と語っていたのは、長時間労働かつ年収200万円代の若者。

ポエムが書かれた給料袋を見て「これで来月も頑張ろうって思える」とクマが目立つ、やつれ顔。

現実から目を背けるような曖昧できれいごとを並べたポエムが利用され、「やりがい」や「成長」を対価に、過剰労働を強いている業界の紹介が番組の主な内容です。けれども、ゲストのコメンテーターは色々言っていましたが、メインキャスターは直接的な批判を行っていませんでした。番組自体は「こういう現状があるようです」という具合に事実のみを伝える立ち位置でした。

ただ誰が見ても異様に感じる雰囲気の甲子園。夏の甲子園より熱い。。
案の定、Twitter等のSNSでは、「こわい」「気持ち悪い」「洗脳みたい」という言葉が飛び交っています。

これだけなら「サービス業こわいね~」で終わったのでしょうが、居酒屋甲子園の主催団体であるNPO法人居酒屋甲子園がWebサイト及びfacebookで「お詫び」を発表し、炎上。

NPO法人居酒屋甲子園さんは、どうやらこういう形で取り上げられることを知らなかったようです。

報道に関するお詫び

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
2014年1月14日(火)NHKより放送された「クローズアップ現代」の件で居酒屋甲子園の思いが伝わらず沢山の方々に不快と感じられる報道がありました。

<取材までの経緯> 
・NHK様より頂いた依頼文 ※依頼部分抜粋
現在、クローズアップ現代で1月の上旬を目指して、いま日本社会の様々な現場で生まれている広告、条例、企業の社訓・クレド(信条)などの「熱い言葉」の現場を訪ね、その背景にあるものを探る特集を組みたいと考えております。そのなかで、従業員の離職率の高さに悩むサービス業界で、いま●●甲子園という大会が広がっていること、さらに各店舗さんの企業理念や個人理念でも詩的な言葉を導入されている様子を取材しております。低温世代といわれる若者たちのこころをどう動かすか、その取り組みの様子を取材しております。何卒ご協力のほどをよろしくお願いします。

・居酒屋甲子園理事会
上記依頼内容を理事会で検討し、居酒屋の素晴らしさや働くことの尊さなどを伝えられると感じ協力を致しました。

当団体では、業界の地位活性化を目的とした活動を行っておりますが、若者をごまかすための言葉遊び(「ポエムの力で説明放棄」「何かを隠蔽する」等々)であるような報道がありました。このような報道になったことは誠に残念であります。

居酒屋甲子園に参加頂いた参加店舗様およびサポーター企業様、業界活性化の他団体の皆様、関係者の皆様には、多大なるご迷惑をお掛けすることになりましたことを、心からお詫び申し上げます。

略儀ではございますが、取り急ぎ書面にてお詫び申し上げます。
今後の対処に関しては、現在協議中です。早急に対処できるよう努めてまいります。どうか今後とも変わらぬご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

NPO法人居酒屋甲子園
理事長 山根浩揮

http://www.izako.org/releases/view/00124

要するに、「関係各所のみなさん、こんなはずでは無かったのです、聞いていた話と違ったのです、すみません。」ということですね。

しかし、NHKが送った依頼文の内容に、嘘は決してないように思えます。NHKがはじめから「異様な雰囲気」を知っていて依頼したのか、依頼して撮ってみたら「異様な雰囲気」だったのか、それはわかりませんがとにかく嘘はありません。

この番組を通じて、多くの視聴者がNHKの依頼文でいう「低温世代といわれる若者たちのこころをどう動かすのか」を勉強させていただきました。また、「ワタミは氷山の一角だった」ということもわかりました。

どちらかというと、「居酒屋の素晴らしさや働くことの尊さなどを伝えられる」というNPO法人居酒屋甲子園の判断は、勘違いか勝手な期待だったように思います。

もしも、番組側が「居酒屋甲子園素敵ですね」「他の企業も真似しましょう」というような立ち位置だったとすると、それはもう異様を越えた異様になったと思います。だってこの番組、過去に「法律のグレーゾーン(裁量労働制)を狙って若者に過酷な労働を強いるブラック企業があります。もどかしいですね」みたいな特集もやってましたもん。

No.34032013年9月18日(水)放送
クローズアップ現代
拡大する“ブラック企業”~過酷な長時間労働~
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3403.html

ポエムはサービス業だけじゃない

サービス業ほどじゃないかもしれませんが、他の業界でもよく似たところは沢山ありますし、若者だけでなく、オッチャン達もポエム鼓舞されています。

営業が主役の会社では、未だに精神論重視の会社多いんじゃないでしょうか。

私が新卒で入社した、まぁまぁの規模のIT系企業では、「営業会議」で30代半ばの主任(♂)が泣かされていました。新卒の自分にとって、「営業会議」で営業の会議をせず、高圧的ポエム大会だったのは衝撃的。私はこの会議をきっかけに「この会社辞めよう」と思い、起業を決意し、脱出しました。4年ほど前の話です。

「成長」「やりがい」「仲間」・・・素敵なキーワードに、当時の自分のような夢見る若者は食いついてしまうのです。そして、多くの人は「ここを辞めると正社員は無い」と思い、身をささげてしまうのです。

家建てて子供がいるようなオッチャンはもっと過酷だと思います。ポエム的なものにすがるか、子供の写真持ち歩くかしないとやってられないんじゃないでしょうか。

もしも、離職率が激しい飲食業において、やる気を出させる様々な施策の発展形が「○○甲子園」なのだとしたら、離職率が高い他の業界も「○○甲子園」を開催したりしちゃうんでしょうか。

怖いがちょっと見てみたい気もします。(参加したくはない。)

居酒屋甲子園でポエム奮闘する若者

居酒屋甲子園をはじめとした○○甲子園で熱心にポエムを読んでいた彼らは、自分にはやはり異様に映り、友達になれそうにないなぁとは思いました。けれども、就職市場において、彼らは「必要とされる人間」の部類に入ると思います。

ブラック企業に長期間努めた人、ブラック企業で成果を残した人は、根性・忍耐・精神性という面ではやはり優れていますし、個人的な主観かもしれませんが、素直で真面目な人が多いようにも感じます。

彼らが「必要とされる人間」である理由は、ブラック・ホワイト問わず、多くの企業経営者や管理職の人が、甲子園で熱くなれるような素直でしゃかりき頑張る人を欲しているからです。

だって給料が低くても、仲間のために、自分の成長のために、身を粉にして頑張ってくれるんですよ?映像を見て「気持ち悪い」と言っている人もまた、そういう部下がいたらきっとすごく大歓迎だと思います。

もちろん、自分自身も、そんな部下がいたら有難いと思います。安月給で死ぬほど働かせたいと思っているわけでは決して無いですが、こんな風に熱く頑張る部下がいたら、そりゃもう助かるなぁという話です。

採用面接に来た人に、「居酒屋甲子園で優勝した経験あります」なんて言われたら、ちょっと頼もしいなぁと思っちゃいます。

そんな実情を踏まえると、「ポエム甲子園、気持ち悪いなぁ」と他人事として言葉をこぼせない自分がいます。

ポエムはいいけど、過労死や鬱は勘弁して欲しい

居酒屋甲子園等の○○甲子園は、「ポエムで心を動かしている」と指摘されつつも、実際に冷めた若者に夢や希望、やりがいを与えていることは間違いないと思います。そしてまた、若者も涙を流すほど熱くなり、やりがいや成長を感じ、懸命に頑張っていることも事実です。

「一種のカルトみたいなものだ!」という見方もありますが、仮にそうだとしても、カルトや宗教は人の心の隙間を埋め、生きる理由を生み出す役割を果たすため、第三者が簡単に口出ししたり批判したりできるようなものではありません。

実際、「居酒屋甲子園きもちわるい」「やりすぎ」と批判することはできても、安くて美味しくサービスたっぷりな居酒屋が大好きな私たちに、「居酒屋業界はこうすればいい」という、これといった対案はなかなか出せないのではないでしょうか。

ただ、私たちがこの業界に心底お願いしたいことは、過労死やうつ病患者を生み出さないで欲しいということです。ポエム作戦で若者を鼓舞するのは大いに結構ですが、「使い捨て」だけは辞めて欲しいです。

現実問題として、ブラックな労働環境問題を速やかに解決することはできないと思いますが、従業員の体調を気遣うことはできるはずです。

きっと多くの人が発する「居酒屋甲子園が気持ち悪い」という言葉の奥には「このようにして無茶な労働をさせ、労基法を自主的に破らせ、過労死や鬱病を生み出しているのか」という裏側を知ってしまった衝撃があるんだと思います。

勤めている会社がブラック企業だと愚痴る友人に、「じゃあ転職したら?もしくは起業したら?」と言って「みんながアンタみたいじゃない」と言われた自分には、ブラック企業に身を捧げてしまう「最近の若者」の気持ちがいまいちわからない部分も多くあります。

けれども、厳しい現実を生き抜くために現状を肯定しようとする気持ちや、将来への漠然とした不安の中で自分を信じることができるよう努力したい、何かに熱中したいという気持ちはよくわかります。

頑張ろうとしている人の気持ちを利用し、「使い捨て」することだけは絶対に辞めて欲しいです。

健康管理の面での改善はまだまだ可能なはずです。
というか、心持ち一つだと思います。

少し先の将来、居酒屋業界はハードな部分もあるが、1人1人がやりがいを見出し、会社や雇用主は、どんな業界よりもしっかり従業員の体調管理をしている、そんな風に言われるようになると素敵ですね。

夢や情熱だけでなく、体調管理・健康管理を謳うポエマーも登場して欲しいです。

会社ブログ・企業ブログで効果を出す方法

「会社のブログを書いた方がいいの?」
ホームページ制作のお仕事依頼をいただく際、よく相談にあがる項目の1つです。

その質問の真意としては、多くの場合、
「ブログを書くことで新規顧客を獲得できるのか」
というところだと思います。

結論としては、ブログで新規開拓は充分に可能です。
というか、本気で新規開拓するならブログがお勧めです。

ただ、方法が結構難しいので、ここでは会社ブログで新規顧客を獲得する方法について、書いてみたいと思います。
基本的には中小企業・零細企業向けの内容になっています。

企業ブログで新規顧客を獲得するまでの流れ

具体的な方法に入る前に、新規顧客獲得の流れを確認です。

会社ブログ・企業ブログ新規顧客獲得

検索エンジンまたはソーシャルメディアから会社のブログにアクセスし、記事に興味を持った人が問い合わせ・注文に繋がるというすごくシンプルな流れです。わかりきったフローですが、改めてじっくり見ると、どの部分が課題になるのか明確になってきませんか?

企業ブログに取り組んでいく中で課題になる点は、通常下記の3つです。

1.内容に興味を持ってもらう
2.問い合わせ・注文につなげる
3.ブログへのアクセス数

それでは、それぞれの課題を順番に説明していきましょう。

1.内容に興味を持ってもらうには

「ブログ=日記」という考え方をやめる

「ブログ=日記」というのは決して間違いではないのですが、そう考えてしまうと全てを台無しにしてしまうことが少なくありません。

新規顧客の獲得をがんばるぞ~と意気込んでブログを書き始めても、気付けば「○月×日、○○に行きました~」という、典型的な誰もが興味をもたない記事に。。。乙

芸能人ブログの影響でしょうか、それはきっと、その日にあった出来事や思ったことを綴るという日記の概念(ブログとはこういうものだというイメージ)に支配されてしまっているんだと思います。

念のため補足しておくと、出来事綴りがダメというわけでは決してありません。ただ、「新規顧客開拓」という目的に対しては、あまり価値がないということです。

これから企業ブログを頑張ろうという場合には、まずは「ブログ=日記」という考えを無くしてしまった方が、多くの人にとってはきっとやりやすいと思います。

個人的には、「ブログ=専門家による解説・アドバイス」として認識しておくのがお勧めです。

専門家なんてうちにはいません???
謙遜しなくて大丈夫です。会社に数年努めてるなら立派な職業人。あなたはその分野の専門家です。

ネタは山ほどある

よしじゃあ、専門家(ぼく・わたし)による解説・アドバイスを書いてやろうじゃないかと、気合いを入れてPCを開き、まず困るのが「ネタ」です。ネタが無ければ、記事も書けません。そりゃそうです。

しかし、会社ブログを書こうと意気込む程に仕事熱心な方なら、必ずネタは沢山あります。多分、書ききれないほどあります。

ニュースや雑誌を見てブログ記事を考える方法も一つですが、それよりも簡単に記事内容を思いつくことが出来るオススメの方法があります。

それは、お客さんや友達・家族に聞かれることを記事にする方法です。

PCに向かうとネタは思いつきませんが、現場に立ったり、お友達とお茶するとネタが発生します。
事件は会議室で~っていうやつです。

例えば、あなたの会社がIT関連企業なら、「最近のお勧めPCは?」「Windows8ってどうなの?」といった庶民的な質問から、「こういうITシステムって費用どのくらい?」「カンボジアのITインフラ事情には詳しいですか?」というマニアックな質問まで、色々な質問をお客さんや友人・知人から受けると思います。

美容関連企業なら「今流行りのヘアスタイルは?」「冬らしいコーディネートは?」といった質問から「かなり強いくせ毛をサラサラストレートにする方法は?」「整形手術で後遺が出た場合に補償や賠償はあるの?」等、様々な質問・相談を受けているかもしれません。

あなたやあなたの仕事仲間内では当たり前のこと、聞くまでもないこと、知識として古いことでも、一般の方からするとわからないという話は、まだまだそこらじゅうにあると思います。

2.問い合わせ・注文につなげるには

購入・注文を間近に控えている人の声を拾う

どんなにわかりやすい記事を書いたとしても、あなたが売っているものと顧客が買いたいものがマッチしていない限り、「わかりやすかったなぁ」「おもしろかったなぁ」で終わります。

では、問い合わせ・注文につなげるにはどうすればいいか、その答えは簡単、購入・注文を検討している人の疑問を記事にすることです。

先程のIT関連企業を、クラウド型の基幹システムを開発しているITシステム会社としましょう。

仮に、Windows8の解説をすごくわかりやすく書き、Windows8の解説を必要とする人が読んだとしても「わかりやすい記事ありがと~」で終わりますが、「クラウド型の基幹システムの費用相場・見積例」という記事をわかりやすく書き、クラウド型の基幹システム導入を検討している人が見ると、「とりあえずここに相談してみようかな~」となる可能性があります。

記事の構成としては、こんな感じでどうでしょうか。

  • 起:システム料金の相場を説明します。
  • 承:料金の相場はこんな感じ。
  • 転:安ければいいは×、企業毎に見積もり金額が違う理由はこうです。
  • 結:まずは見積もりとってみてください。(ちなみにうちはこの中でいうと、こんな感じです。)

営業の方なら分かる通り、新規アポでの商談でもありそうな流れです。

わかりやすい説明に加え、あなたの知識や情熱が加われば、よりお問い合わせ率はアップします。相見積りになったとしても、競合よりも一歩リードしているということは言うまでもありません。

外回りなんかをしていると、日々、色々な人から自社の専門分野に関する質問を受けていると思います。多くの質問の中で、購入・注文を間近に控えている人からの質問が、問い合わせ・注文につながる記事になる可能性が高いことは間違いないです。

良いネタを探したいなら、営業に出かけましょう!
(そこで売れるかも。笑)

お問い合わせ・ご注文への誘導

「とりあえずここに相談してみようかな~」となるためには、当然、記事ページの中に、サービス紹介・商品紹介のページやお問い合わせページ、注文ページへの誘導が必要です。

具体的には、ページ内の上下や横に、「サービス紹介・商品紹介ページ」もしくは「お問い合わせページ」へのリンク・バナーを設置する必要があります。

自社サイトでブログを運営している場合には、それほど困難な作業ではありませんが、外部ブログ(アメブロ、Yahoo、ライブドア、はてな等)では下記のような注意点、デメリットがある点を理解しておかなければいけません。

外部ブログを用いた場合の注意点、デメリット

  • ブログは無料ですぐスタートできるが、誘導するためのリンク設置等の知識が必要
  • カスタマイズできる部分(リンク設置するエリア)に制限がある
  • 広告や固定のコンテンツがあり、誘導が目立たない場合がある

誘導は目立ち過ぎると、読んでいる人からすると非常にうっとしくなりますので、軽やかにしなやかに行う必要があります。やり過ぎず、けど、確実に目に入るように、注意して設置しましょう。

自社サイトでブログをするのと、外部ブログで運営するの、どっちがいいかという質問も時々いただきます。上記のような点から(その他にも色々ありますが)、自社サイトの方が色々都合いいです。けれども、通常は費用の問題もありますので、できれば自社サイトがいい!と言っています。

3.ブログへのアクセス数を増やすには

いよいよ、最終課題です。
問い合わせ・注文につながる完璧な流れが出来たとしても、その記事にアクセスしてもらわなければ意味がありません。

アクセスから問い合わせ・注文になる確率は、1/100とか0.05とか色々言われており、要するにかなり少ない数なのです。
まずは、一日50訪問(1ヵ月で1500訪問)(ページビュー数でなく訪問ユーザー数)を目指して頑張りましょう。

検索エンジン対策:検索の競合を調査

同じキーワードになるページ=競合が多いと上位表示は困難です。したがって、アクセスを狙って記事を書くのであれば、事前調査は必須です。

調査といってもそれほど難しいものではありません。実際に自分でGoogle検索を試してみるだけです。

ここでは、先に挙げた記事例をもう一度ひっぱってきてみます。

記事:最近のお勧めPC

キーワード例:おすすめ PC

結果:競合多すぎ。無謀。

記事:Windows8ってどうなの?

キーワード例:Windows8 評判

結果:競合多すぎ。無謀。

記事:クラウド型の基幹システムの費用相場・見積例

キーワード例:クラウド 基幹システム 相場

結果:いけそう。

記事:カンボジアのITインフラ

キーワード例:カンボジア ITインフラ

結果:いけるかも。

記事:今流行りのヘアスタイルは?

キーワード例:流行 ヘアスタイル

結果:競合多い。多分キツイ。

記事:冬らしいコーディネートは?

キーワード例:冬 コーディネート

結果:競合多すぎ。無謀。

記事:かなり強いくせ毛をサラサラストレートにする方法は?

キーワード例:くせ毛をサラサラストレートにする方法

結果:競合多い。けど、難しそう

記事:整形手術で後遺症が出た場合に補償や賠償はあるの?

キーワード例:整形手術 後遺症 補償

結果:競合多い?いけるかも

これらは個人的な感想です。実際にどうなるかはもちろん誰にもわかりません。

判断基準としては大体ですが、下記の通りです。

  • NAVERまとめやYahoo知恵袋、大手ポータルサイト等と内容が被ると、強すぎて歯が立たない。あきらめましょう。
  • リクルート等のコンテンツに力を入れている大手企業・有名企業にも歯が立たない。あきらめましょう。
  • 上位3つくらいは上記のようなページが占めてるけど、以降は競合なさそう。チャンス。すぐ記事を書く準備をしましょう。
  • 似たテーマのページがヒットしない、もしくは数件の場合はチャンス。すぐ記事を書く準備をしましょう。
  • 沢山ヒットしても、タイトルにキーワードを含んでいないサイトが多い場合、案外いけることも。チャレンジの価値ありです。

判断に迷った場合には、やってみなきゃわからない!というベンチャースピリッツを持ってトライするのも一つの方法ですし、より楽に上位表示できそうな記事内容を検討してみるのも手です。

当然、ニーズがある記事ほど競合が多く、ニーズの少ない記事ほど競合は少ないです。この丁度いいバランスのところを見極めていくのが、ビジネスブログ運営の醍醐味でもあります。それを楽しみながらやると、ちょっと気が楽かもしれません。

上手く上位表示させることができ、アクセスも増えれば、そりゃあもう嬉しいです。その日はワインあけますよ。飲めないけど。

検索エンジン対策:HTML構造をちょっとだけ理解する

記事を書く際、どのようなブログにも、HTMLを打てる画面(テキスト)と、打てない画面(ビジュアル)があります。本気でやるなら、HTMLを打てる画面(テキスト)で頑張りましょう。

難しい事は全く覚える必要なしです。

タイトルには、キーワードを含むようにして、見出し(小タイトル)になる部分には、<h2>というタグを用います。<h2>の部分でもちょいちょいキーワード入れます。もちろん、人間が読んで意味不明な程に入れまくるのはNGです。

下記は入力例です。
(当然ですが、もっとしっかり書かないとダメです!)

タイトル:「クラウド型の基幹システムの費用相場・見積例」

以下本文

クラウド型の基幹システムが流行っています。
具体的な費用なこんな感じです。

<h2>商社向けのシステム</h2>
商社向けのシステムは○○円くらいです。

<h2>製造業向けのシステム</h2>
製造業向けのシステムは○○円くらいです。

もっとタグを活用したい場合には、こういうサイト(見出しタグの使い方)をご参照ください。

タグを上手に使えば、検索エンジンだけでなく、人間にとっても親切。とっても読みやすい記事になります。

※ ちょっと専門的な話(どうでもいい人はパス):大体のブログは記事タイトルがh1かh2になっています。

ソーシャルメディア対策:シェアしやすいようにする

facebook、Twitter、はてなブックマークの共有ボタンはわかりやすいところにあって損なしです。また、自分自身がいずれかを運営している場合には、そこで記事アップの報告をすることも拡散の第一歩となり得ます。

シェアボタンを押すと、記事が見れるよ~!みたいなのを、最近facebookで見かけますが、そういう技はしない方がいいです。記事を見て良ければ「いいね」なのに、「いいね」押すと記事が見れるっていうのは明らかにおかしいです。いつか排除されることになるので、そんな仕掛けづくりには決してお金をかけないようにご注意ください。

また、ソーシャルメディアのパワーは凄まじく、もしも記事が多くの人にシェアされると、検索エンジンもそれを評価して、スーパー上位表示!なんてことも起こります。

会社ブログ・企業ブログのテクニック(おまけ)

時事ネタを活用

先に挙げた記事ネタ捻出方法に加え、時事ネタを上手に絡ませるとさらに強力です。Googleも時事ネタには敏感で、一時的に順位を押し上げてくれます。

また、多くの人の関心が高い状態にあるため、Twitter、facebook等のSNSでもシェアされやすいです。

大手ポータルサイトからのリンクを獲得

ニュースやTOPIXの関連記事、参考記事として企業ブログ・個人ブログにリンクされることがあります。例えば、Yahooからリンクが貼られると多少マイナーなニュースからのリンクでも、激安サーバーだったらアクセス不可状態になるくらいの流入があります。

アクセス解析はこまめに

テクニックではなく、基本になりますが、アクセス解析はこまめにチェックしましょう。どのようなキーワードで、どのくらいのアクセスが来ているか、仮説→検証。そしてまたトライ。いわゆるPDCAサイクルというやつです。

タブレットでも充分できますので、朝起きてベットでチェックするも良し、晩酌しながらチェックするのも良しです。

途中で辞めても大丈夫

継続して取り組むに越したことありませんが、途中ストップしても別に大丈夫です。特に小さい会社なら時期的に書けなくなるほど忙しい時もあると思います。

色々な意見があると思いますが、「続けられないからやらない」より「出来る時にやる」「ネタがある時に書く」「気が向いたときにやる」というモチベーションでやってもいいと思います。

仮に途中でストップしてもこれまで書いた記事は消去しない限り、消えません。再開できるときに再開すればいいと思います。

以上が、会社ブログ・企業ブログの効果を出す王道なやり方です。
また今度にはより詳しくコンテンツの構成を書いてみたいと思います。(気が向いたら)

Gunosyに掲載された結果

2013年、8月31日、いつものように何気なく、Gunosyでニュースチェックしてると、
どこかで見覚えのあるタイトル発見。

Webデザイン上達のコツ

おお、これは自分で書いた記事!

何がきっかけでGunosyに掲載されたのかは
もちろんわからないけど、多くの方の目に触れることとなりました。
ありがとうございます。

アクセス数の推移

Gunosyに掲載された結果1

びっくり、一気に増えました。

参照元[gunosy.com]のアクセス環境

Gunosyに掲載された結果2

ほとんどiPhoneアプリ。

Gunosy、すごいですね。
とりあえずのご報告でした。