スマホ対応が「大事」ではなく「必須」です。スマホフレンドリーからスマホファーストへ。

By b_kimura,

  Filed under: Webマーケティング日記
  Comments: None

a1

今月、Googleの公式ブログ(Googleウェブマスターブログ)にて、ホームページのスマホ対応に関する重要な発表が行われました。

そこでユーザーにとってさらに価値ある検索結果を提供するために、Google ではモバイルファーストのインデックス登録に向けた実験を開始しています。Google 検索のインデックスは、サイトやアプリについての単一のインデックスとして存続しますが、将来的に Google のアルゴリズムはモバイル版のコンテンツを主に使用するようになります。つまり、ページのランキングを決定したり、構造化データを理解したり、検索結果にスニペットを表示する際も、モバイル版のコンテンツが使用されるようになります。

モバイル ファースト インデックスに向けて
https://webmaster-ja.googleblog.com/

つまりどういうことかと言いますと、「現状はPCで表示されるページが検索結果を決めるメインの対象でしたが、今後はスマホ向けページが検索結果を決めるメインの対象になる(=モバイルファースト)」ということです。

現在 今後
PC向けページの質
検索順位を決める大きい要素
スマホ向けページの質
検索順位を決める
モバイルフレンドリー モバイルファースト

質とは、コンテンツのクオリティはもちろん、見やすさ、操作しやすさです。単にスマホ対応ページがあれば良いというわけではなく、ガイドラインに沿って作成されている必要があります。

現在の自社ホームページがスマホ対応されているかの確認はこちらからどうぞ。 モバイル フレンドリー テスト

スマホ対応ホームページの制作方法

スマホ対応ホームページの制作方法

方法は大きく2つです。一つ目は今最もポピュラーな「レスポンシブデザイン」で、もう一つは「スマホ向けページを別で作成」という方法です。それぞれメリット・デメリットがありますので、これからスマホ対応を検討する場合には、ぜひチェックしておいてください。

1.レスポンシブデザインでホームページを制作する

レスポンシブデザインとは、画面の大きさに合わせて、ホームページのデザインを変更していくデザイン方法のことです。画像の大きさを「100」と指定するのではなく、「100%」といった形でパーセントで指定して作成します。また、このコンテンツは、画面サイズが大きい場合には表示するけれども、小さい場合には表示しない、といったことを一つ一つ設定していきます。

メリットは、URL(「http://sample.com」)がPCで見てもスマホで見ても同じであるということ、スマホ向けページを別で制作するよりは開発コストが小さいこと等が挙げられます。

2.スマホ向けページを別で作成

画面の大きさによってコンテンツを変えるのではなく、画面の大きさによってページごと変えてしまうという方法です。PC向けページを作成し、スマホ向けページを作成し、場合によってはタブレット向けのページを作成する、という形でホームページを制作していきます。ガラケーがまだまだ多いときはこの方法が一般的でした。

メリットは、完全に別でページを作成するので、端末に合わせて自由なデザインを作成できるということ、デメリットはURLが別々になってしまうことが挙げられます。(例:PC向け「http://sample.com」 スマホ向け「http://sample.com/smartphone/」)

複雑なシステムが組み込まれたWebサイトに関しては、開発をシンプルにするため、スマホ向けページを別で作成する方法が良い場合があります。

Google検索結果の影響があるからスマホ対応が必要?

検索順位を考慮してホームページを改善することは確かに重要ですが、やはり一番大事なことは、スマホでホームページを閲覧するユーザーを考慮することです。Googleが「今後、検索順位を決めるメインの要素をスマホ向けページの質にする」という方針を打ち出した理由は、スマホでの閲覧が増加しているためです。

現在、多くのホームページはスマホ閲覧が半分以上になっています。自分自身、ホームページ制作という仕事を通じて様々なジャンルのホームページのアクセス解析を見ていますが、BtoCのホームページに関しては7割〜8割ほどがスマホでの閲覧になってきています。BtoBの場合でもおおよそ半分がスマホからのアクセスです。

content_______
最も情報収集で利用しているメディア-電通報
http://dentsu-ho.com/articles/4633

スマホ対応の費用は?

スマホ対応の費用は?

どのような業者に頼むかはもちろん、サイト規模・現在のサイト構成によって異なりますが、安ければ、30万以下くらいではないでしょうか。現在のサイト構成が綺麗でクリエイターが作業しやすい状態であれば10万円以下くらいでも可能かもしれません。

ただし、安くできれば良いというわけではなく、スマホユーザーを意識した対応が重要です。スマホで閲覧しているユーザーにどういったコンテンツを見せるべきなのか、どういった行動を促すべきなのか、検討の余地は色々とあります。

費用とクオリティのバランスを検討するためにも、複数社の見積もりを取得した方が良いと思います。