2017年のWebデザイントレンド

By kusunoki,

  Filed under: デザイン勉強
  Comments: None

スクリーンショット 2017-01-12 20.12.30

本日はweb業界2016年のデザイントレンドを振り返り、2017年に流行るwebデザイントレンドを予想して行きたいと思います。

まずは初めに2016年。個人的に感じた2016年トレンドは一言で「高画質&ハイクオリティー」

鮮明で大きい写真や動画が背景に使われるwebサイトが多く登場しました。

アイキャッチに絶大なインパクトを残すデザインであり、閲覧者へのイメージアップにも効果が大きいデザインです。その他には2015年度のトレンドを発展させた縦スクロールを意識したデザインの、改良が多く見受けられます。

その背景にはモバイル端末の普及が大きく影響していると考えられます。

スマホの急速な利用拡大によって、今後はwebサイトのマルチデバイス化が特に重要になるでしょう。2017年もまずは2016年同様にデバイスごとの横幅サイズに応じたレイアウトデザインを自動調整してくれる「レスポンシブウェブデザイン」は、利用拡大が見込まれます。

特に大画面対応のレスポンシブウェブデザインは2016年以上に普及されるでしょう。

そんなスマホ時代だからこそ2017年に流行るであろうデザイントレンドが、「スプリットスクリーン」です。スプリットデザインとは、分割スクリーン、分割レイアウトと呼ばれるデザインです。スマホなどで表示する場合にも適しており、レスポンシブウェブデザインと相性抜群のデザインです。

2017年は「スプリットデザイン」をもとに、2016年トレンドでもある高画質な写真や動画を使ったコンテンツで構成するデザインが予想されます。要するに2015年&2016年のトレンド集大成です。

インパクト絶大でありながら、見やすい、読みやすいサイト。

見た目の面白さだけでなく、直感的に感じ、知りたい情報が分かりやすく整理されている。
2017年最重要トレンド間違いなしでしょう!!
※あくまでも個人的な意見です。笑

スプリットデザイン

スクリーンショット 2017-01-12 20.08.40

■PEUGEOT
http://www.peugeot.com/en
2画面のメインコンテンツがカッコイイ
シンプルベストの構成

■BOSE
http://special.bose.eu/en/
分割スクリーンを最大に活用したレイアウト
アイテム訴求には効果抜群

■GMS
http://gms.life/
アニメーションが目を引く
楽しめるデザイン

■one of a Kind
http://oneofakindshowchicago.com/
左右で逆の季節を表現
カラーリングも流行を取り入れた
女子ウケ NO1

■Type&Face
http://triner.de/type-face/
スプリットスクリーンを活用した
新しいHOME
記憶に残るwebサイト

■zero
https://zerofinancial.com/
左側に動画、右側にコンテンツ
スマホで見ると縦表示に。レイアウト構成も完ぺきです。

■AUSTRALIAN DESIGN RADIO
https://ausdesignradio.com/
メインコンテンツのインパクトがありながら、
見やすい、分かりやすい、レイアウト構成が◎

Webサイトのトレンドは素早く変化していく

Webサイトデザインは多くの流行やトレンドが、スピーディーに変化して行きます。

ネット社会の今日だからこそ、企業にとってもwebサイトは会社の広報でもあり、営業マンでもある、最も重要なツールです。

2017年は最先端webサイトで競合に差をつけてみてはいかがでしょうか?